田辺寄席、演題「怪説」  

   2012年2月

       演芸ライター・上田文世

 

●第595回 2月18日昼席

《じっくりたっぷりの会ー笑福亭鶴志の段》

開口0番(文太の前ばなし)「ワ」の巻

              /「笑い噺」

一、江戸荒物    笑福亭べ瓶(鶴瓶門下)

 江戸と言えば、江戸っ子のべらんめえ口調。でも、落語を聞いても「べらんめえ」は出てこない。「何を吐(ぬ)かしゃあがんでぇ、べらぼうめッ」『大工調べ』と、「べらぼう」を使うのがべらぼうに多いそうです。

二、へっつい盗人

      笑福亭鶴志(六代目松鶴門下)

 へっついさんや七輪(かんてき)は、ほとんど見かけなくなりましたが、七輪はアフリカで重宝されているそうです。難民救援で活動する人たちが、現地の土を使い作り方を指導していると、新聞記事にありました。

三、兵庫船   桂 文太(五代目文枝門下)

 多くのサメがアジアで殺されフカヒレスープになっていると、サメに襲われた被害者らが国連に訴えました。その一人は「仕返しにサメステーキを食べようと思ったが思い直した」と言っています。これも新聞からです。

四、三人上戸 笑福亭忍笑(六代目松鶴門下)

 「戸」は大人の男の人の意。古代社会では大人の男が稼ぎ人筆頭。大人の男が大勢いる家庭はよく稼ぐことができるから「上戸」です。身入りがいいから当然、高いお酒もよく飲めます。それが上戸=酒飲みの語源。

五、花筏   笑福亭鶴志(六代目松鶴門下)

 昭和41年、大相撲の世界で「花筏」を名乗る力士がいました。大関でなくて十両、しかも花筏を名乗って1場所だけで引退しました。あの大鵬=大鳥に対抗して「燕雀(えんじゃく)」を名乗ったこともありました。

 

 

●第596回 2月18日夜席

《じっくりたっぷりの会ー桂雀松の段》

開口0番(文太の前ばなし)「ン」の巻/「ん」

一、酒の粕    桂ちょうば(ざこば門下)

 酒粕のアルコール度数は約8l。ビールは5lですから、そのまま食べると酔ってくるでしょうね。粕汁にすると、アルコールは蒸発しますから子どもさんでも大丈夫。今夜は笑いで心暖め、粕汁で体を暖めますか。

二、般若寺の陰謀 桂雀松(二代目枝雀門下)

 正しくは『磐若寺の陰謀』。「奈良に実在するお寺、般若寺がモデルと思われたらいけないから、磐若寺にしました」と作者の小佐田定雄さん。噺家さんはどうかは知りませんが、落語作家は気ィ遣い≠ネんです。

三、不動坊   桂 文太(五代目文枝門下)

 作者は幕末から明治中期の人、二代目林家菊丸。生没年不詳だが『猿回し』『吉野狐』などの作品を残している。裏長屋に生きる人

物や情景の描写に巧み、大津絵や春雨の替え唄なんかも上手な人だったそうですね。

四、愛が止まらない  月亭遊方(遊方一門)

 花粉症の季節→くしゃみ・鼻水が止まらない。震災・津波からもうすぐ1年、未だに続く惨状→涙が止まらない。ダルビッシュ投手の獲得費用約85億円→驚きが止まらない。さて、愛が止まらないのは何でっしゃろ?

五、百年目    桂雀松(二代目枝雀門下)

 社員がちょっとしたミスをするとすぐ切り捨てる。費用がかかるので常雇いは置かず、派遣で間に合わせる。残業代を支払わない。現代の経営者さん、社長!、ちぃ〜とはこの噺に出てくる大旦那を見習え〜。

 

●第597回 2月19日昼席

《じっくりたっぷりの会ー桂 あやめの段》

開口0番(文太の前ばなし)「質問に答えて」

一、牛ほめ       桂華紋(文華門下)

 新築の家をほめたり、牛をほめたりしてお年寄りから小遣いをせしめる。お年寄りを不安に陥れたり、儲け話を持ち込んで大金を払い込ませる。大阪の阿呆の考えと、振り込め詐偽、似てると思いません?

二、雑俳     桂 あやめ(あやめ一門)

 「雑俳」とは何か。五・七・五でどうぞ。

 雑俳は 万治(1658〜1661年)の頃に 生まれたよ▽上方で まず大はやり 後江戸へ▽面白い ことの始まり 大阪や▽ひったくり 振り込め詐偽も 大阪や。

三、文六豆腐  桂 文太(五代目文枝門下)

 豆腐の出てくる噺はたくさんあります。思い付くだけでも『千早ふる』『鹿政談』『ちりとてちん』『田楽喰い』などなど。お得意さんをダイズにし、マメに頑張れば、客足がキラズに流れてくるからか。

四、紀州     桂文昇(五代目文枝門下)

 紀州・和歌山市の人口は40万人弱。市長は誰? 即答できません。尾州・名古屋市の人口は226万人で、市長は河村たかしさん。今、もし、鍛冶屋さんの前を通ったら「テンカトン」のは「ビシュー」でしょうか。

五、妙齢の女子の微妙なところ

        桂 あやめ(あやめ一門)

 老齢、高齢、暮齢、頽齢、寿齢は、年寄りの形容とすぐに分かりますが、弱齢、稚齢、妙齢の違いは? 「妙」は辞書によると、女性の小柄で細く、何となく美しい姿を示しているのだそうです。