《皐月席、田辺寄席「参加者の声」》

第495回 09年5月16日()昼席 午後1時40分開演

〈いちもん会〉

 奈良県          T

 文太師匠の「ないもの買い」大熱演で大変おもしろかったです。また来たいと思います。感謝、感謝。

 天王寺区         指宿

 まん我さんと八天さん、正統派の綺麗な古典落語、聞き応えがありました。小米さんはのどの調子が大分悪かったようで残念でした。

 堺市           井上 

 八天さんの落語よかったです。

 堺市           N

 とても楽しかったです。又来たいと思いました。

 堺市           嶋 

 今回もお友達を誘いました。一人でも多くの方に「田辺寄席の笑いを」と。お友達曰く『笑いすぎてパックせんならんわ〜』と・・・

 富田林市         林 

 今日のお噺はじっくり語られ情感がありました。「お玉牛」、前に梅団治さんのを聞きました。ねっとりと色っぽいものでしたが、まん我さんはていねいに細かい所まで手で表現されていましたね。初めての八天さんもよかったです。小米さん、のどを大事になさって下さい。

 兵庫県          井上

 いよいよ来月は500回ですね。こちらに初めて寄せて頂いたのがまだ日曜日のみ開催していた頃の370回あたりでした。会場の問題等ありますがこれからもますます楽しみにしております。 継続は力なり!

 住吉区          松永

 八天さんとまん我さん久し振りに好演を聞け、相変わらず情景がよく分かり声が通っていてすごく良かったです。又是非田辺寄席にいらしてもらいたいです。

 今日気付いたのですが、雨の時には中庭にテントまでしてもらっているのですネ。いつもお茶とお菓子もありがとうございます。

 東大阪市         田川

 前代金馬師匠の「水神」が大好きなので、文太師匠に「水神」を演じて頂きたいです。

 東成区          山本

 先月当たった「通し券」で見に来ました。神戸では神戸まつりが中止になったそうですね。

 阿倍野区         高橋

一、雀五郎さん、いつものテンポが快い噺になった。

二、まん我さん、「お玉牛」春団治師匠からよく取っておられましたね。

三、文太さん、「無いもん買い」の鯛尽くし物でのオチ。

四、八天さん、賑やかな噺となり、楽しい初体験ネタでした。

五、小米さん、声の出にくい中の「鹿政談」、少し少し短いバージョン?

 熊取町          中山

 寄席のファンですが、やはり生は迫力があり、とても楽しく聞かせていただきました。

 阿倍野区         吉永 

 「お神酒徳利」久し振りに聞いた。こういったストーリー性のある、場面展開の多い噺を、下座をふんだんに使って上方風によくまとまっていたように思う。

 作家さんの書き下ろした新作落語を中央公会堂で演っておられる会、ここ2回ほど欠席しているが、また行くことにしよう。

 東住吉区         広山

 今日も楽しい田辺寄席でした。まん我さん、八天さん、正統派の落語に大満足です。雀五郎さんあのフラは何とも言えない味があります。小米さん、のどを大事になさって下さい。次回はお元気な姿でお会いしたいです。来月はいよいよ500回記念公演ですね。長い田辺寄席の歴史の大事な大事な瞬間に立ち会えると思うと今からワクワクします。

 平野区          H

 まん我さんの布団の中のお玉さん、実物を見ることはできませんが、大きさ、臭い等想像してしまいました。本当に楽しめました。

 小米さん、ノドを休めて早く本来の姿に戻って下さい。

 堺市           ○○○

 初めてのネタが多く楽しめました。小米さんお大事になさって下さい。

 住吉区          三浦

 本日は好きな落語家さんのまん我さん、八天さんの出演で楽しませて頂きました。まん我さんの暗闇の感じがよく出ていました。また、八天さんの算盤、上手だったです。

 阿倍野区         M

 「お神酒徳利」という噺は初めて聞きましたが、おもしろかったです。小米さん、お大事になさって下さい。

 大東市          米田

 八天さんがとても良かったです。

 東住吉区         森本

 月に一度田辺寄席に来て「心のコリ」がほぐれます。

 平野区          沢井

 今回は友人を誘って来ました。大爆笑の連続で大いに喜んでもらい、連れて来た私も鼻高々です。私もまだ半年位の参加で田辺寄席のひよっこですので、まだまだ知らない演者も多いです。只、演者が出て来て落語を聞き、そして帰るというだけではなく、プラスいくつものことがある落語会です。長い事続けていれば安易になりがちですが、全く手抜きなしの舞台と諸準備にはいつも感心させられます。500回を機に益々多くの人に存在を認知され、もっともっと多くの人がつめかけて欲しいと思います。私ももっと友人を連れて来て天狗のような鼻になりたいものです。

 東大阪市         高倉

 今回は私にとっては余りなじみの無いネタと演者でしたが良かったです。田辺寄席は月3回公演なのに演者も演題も全て違いいつも楽しみです。繁昌亭昼席のように、短いネタの時間で次々と出てくるというダイジェスト版のようなものと違い、前座からじっくり聞けて毎回満足の落語会です。これからも期待しています。頑張って下さい。

 東住吉区         松田

 まん我さんは「咲くやこの花賞」を受賞され、益々自信にあふれた高座になっています。八天さん、下座との一体感本当によかったです。初めて聞いたネタですが好きなネタと好きな演者さんの一人になりそうです。文太師匠の「ないもん買い」も大熱演で楽しく聞かせていただきました。

 雀五郎さん大好きです。「笑呆亭」の時のあのとぼけた独特の雰囲気は貴重です。落語の時はテンポよく噺されるのにこの落差は最高ですね。

 東住吉区         岡田

 八天さん、珍しい噺を明るく伸びやかに語り、笑いを誘った運びも確かなかなかうまい。

 のどの痛みで声の出の悪い小米さん、気の毒でしたが、最後まで熱演ごくろうさんでした。抽選会、雀五郎さんとのやりとり、今や名物。

 大正区          武内

 春蝶師匠の一番弟子昇蝶さん、田辺寄席に出てもらいたいです。私はまだ昇蝶さんの落語は聞いていません。お願いします。

 雀五郎さん、まくらなしで一生懸命しているのを感じます。まん我さんはなかなか上手になりましたなァ。牛にさわる仕草うまいなァ。小米師匠、のどの病気で気の毒です。お大事に。噺になるとさすがプロ。立派です。

 京都府          松原

 「ないもん買い」のクイズ問題、「蓋」と「金盥」が「フタ」と「カナダライ」と読めない人が結構居た。総理大臣になれそうです。そのあとで、フタと引出し(抽出)付のカナダライなんかあるんですかと聞かれた。考えてみると、カナダライを見た事のない人が大半になったのでしょうね。

 阿倍野区         野口

 月に一度の田辺寄席は至福の一刻です。身近にこういう場所のある喜びをかみしめています。桃ヶ池公園も大好きです。四季折々の自然いっぱいの環境は私達のほこりです。この地での田辺寄席の存続を願ってやみません。最近は他府県からも来られる方が多いようで、一大交流の場になっていますね。こういう大阪の良さがあふれた所での、のんびりとした歓談と笑いの共有は本当に大事な事だと思います。

 堺市           芥 

 まん我さんが「咲くやこの花賞」をいただいたとのことですが、なかなか元気はつらつで楽しみな噺家さんです。八天さんは少し単調なセリフと声色ですが、仕草はていねいで神経が行き届いています。見るのが楽しい噺家さんです。お気の毒な小米師匠、声帯にカビが生えて声が出にくいとの事、お茶で口を湿しながらの熱演。たいへんよかったです。

 東住吉区         松村

 今回も楽しい田辺寄席をありがとうございました。存分に笑わせて頂きました。小米さんも出にくい声をふりしぼっての熱演でした。お大事に。

 京都府          佐野

 本日は有名でありながら比較的聴くことができなかった噺が多く、楽しませていただきました。小米師匠も久しぶりに拝見しました。のどの調子が悪かったですが、ご自愛下さい。

 淀川区          吉本

 最近他の落語会に出掛けますが、木戸銭が田辺寄席が安いのか、他が高いのか、これだけのメンバーを毎回見られるのは、文太師や世話人会さんに感謝。ありがとうございます。

 豊中市          W

 文太さん「ないもん買い」、よくあれだけないもんを考えられるもんや!! 腹いせに鯛をぐちゃぐちゃ、無茶苦茶や。どうなるかハラハラしました。

 和歌山県         箕西

 いつもご盛況でなによりでございます。

 本日は高座が始まる前に、いつものように「寄合酒クイズ」を解いておりますと、「金盥」という字が読めないのです。幸いにも、近くに座っておられたNさんに尋ねて「カナダライ」であることが判明しましたが、よく考えてみれば、ネタの中に「カナダライ」の無理やりなものを欲しいという件があり、それから推して考える事が出来るはずでした。ということで、この「金盥」を読めるかと周りの参加者何人かに聞いてみたところ、優秀そうな学生さんは字そのものを知っていると答えられましたし、前の落語ファン風のご婦人二人連れは、「手水まわし」からこの「カナダライ」の存在を知っていたとの事。やっぱり田辺寄席の参加者のレベルは高い。そのレベルの高さが、演者の熱演を引き出し、素晴らしい高座を実現されているのでしょう。田辺寄席は素晴らしい。申し遅れましたが、本席の文太さんの「ないもん買い」も、テンポがよい。聞いていて気持ちがよいものでした。よかったです。

 そして本席は八天さんです。ちょっとこの頃、追っかけさせてもらっておりますが、テクニックとスキルに優れた、落語的に言うと形式と内容を十分に持った、本当の本格派の落語家さんです。「ハナシをノベル」の会で、放送作家の安田昌子さんという方が、「落語のサムライ」と言っておられましたが、まさにその通りで、人品骨柄卑しからぬ人物で、とびきりの素敵な笑顔を、素の時にされる魅力的な方でございます。そして、その「サムライ」らしく、「落語ファイター」と言うべき方が高座の上から「落語ファイト」と私ども客に向かって声をかけられているように見え、それだから、私めも八天さんと声を合わせて「GO!」と言って対さなければならないという、そんな気にさせる方でもございます。

 本日「お神酒徳利」となっておりましたが、「占い八百屋」の方でございましたね。こちらより「おいなりさん」が出てくる「お神酒徳利」の方で演ってほしかったのですが、ま、八方師匠が「八百屋」でやってられますね。話がすべて八天さんの言葉として出されているのは、素晴らしい。

 本日もとてもとてもとてもありがとうございました。感謝しております。

 

 

 

《皐月席、田辺寄席「参加者の声」》

第496回 09年5月16日()夜席 午後6時10分開演

〈いちもん会〉

 東大阪市         辻 

 初めて来ました。楽しい落語会でした。

 阿倍野区         M

 右喬さん、マクラの方が噺よりおもしろそうで、もっと聞きたかったです。

 吹田市          川口

 雨の中でもなごやかに過ごせました。右喬さんのまくらが面白くて、噺「米揚げ笊」はまあ・・・。その所がまた可愛いでした。

 和泉市          米田

 右喬さんのファンです。その持ち味いつまでも、いつまでも!!

 堺市           ○○○

 鶴二さんの落語めちゃめちゃ大好きです。いつも楽しい落語会ありがとうございます。

 京都府          松原

 会場の桃ヶ池周辺は色々の花が咲く。初めて寄せていただいた3月公演の時は桃が満開。今日は可愛い実をつけている。来月は池の水蓮の花が見事と聞きました。それにしても、来月の桃の実はどうなるのでしょうか。下世話ながら気になる私です。

 地下鉄大阪港駅から、天保山に向かう街路樹を、サクランボの実る桜に近所の方が植え替え、今、実が可愛いのがあります。樹に網をかけ、鳥と人から実を守っているようです。あの実は誰の物か。また樹の下で口を開けていて実がポトンと落ちて、口に入った場合はそのまま食べていいのか。「笑呆亭」の法律相談ではどんなんでっしゃろか。

 東住吉区         鹿村

 田辺寄席には初参加です。35年もの長きに亘って続いているというのに、近くに住んでいながら初参加とは恥ずかしい限りです。今月参加してつくづくそう思いました。こんなに温かくアットホームで、ほっこりできる寄席は貴重です。雨の中でもみんなで交流できるように、裏庭には大々ブルーシート。世話人さんはみんなの為に一生懸命ですね。来月の500回記念はもう既にいっぱいらしいので、501回目からは出来る限り寄せていただこうと思っています。

 東住吉区         吉井

 右喬さん、前回出演された時も、楽しい雰囲気をかもし出していましたが、今日も最高でした。益々好きになってきました。この味は他には無いもの、大事にして下さい。鶴二さんも良かったです。浄瑠璃を語りたい主人と聞きたくない長屋の住人や、店の人達との「闘い」。何回も聞いているネタですが、面白かったです。雨の中でしたが楽しい田辺寄席でした。

 阿倍野区         中村

 田辺寄席の赤い提灯と看板に誘われてやってきました。最初の文太さんの噺から、最後の「笑呆亭クイズ」まで、楽しい時間を過ごせました。落語もみんな大熱演で満足です。散歩がてらに来られる所にある、この寄席はいいですね。又来たいと思いました。案内を下さったら嬉しいです。

 淀川区          柴田 

 鉄瓶さんの「ちりとてちん」、大熱演でおもしろかったです。右喬さんはキャラだけでおかしくてたまりませんでした。ツボにはまってしまって笑いが止まらなくなって困りました。

 生野区          西村

 鉄瓶さんの「ちりとてちん」は分かり易くてとても良かったです。右喬さんはキャラクターが面白くてつい笑ってしまいました。文太さんはいつものように面白かったです。鶴二さんの「寝床」は終始笑いぱなしでした。鶴二さんはご近所さんで大ファンです。仁嬌さんの落ち着いた雰囲気で噺に引き込まれました。

 阿倍野区         小谷

 鉄瓶さんのお名前、大西ゆかりさんとラジオのトークに出ておられたのでお目にかかりたく思ってました。「ちりとてちん」何度も聴いてますが上手に語られ楽しませてもらいました。鶴二さんの「寝床」、大熱演でとても面白くて大笑いしました。

 住吉区          木村 

 鉄瓶さん・・・独特の世界ですな。新しいキャラクターですな。他で見ることができません。珍しかったです。「三象踊り」と肩を並べるかも・・・しれない。

 富田林市         林 

 鶴二さんの「寝床」、浄瑠璃を聞かせたい主人と、聞きたくない長屋や店の人達とのかけあいの世界にどっぷりつかることができました。

 八尾市          上舞

 土曜の夜の憩いの一刻、久々に田辺寄席に参加させていただき、落語を充分堪能できました。文太師匠の「胴斬り」に、笑福亭一門の皆様の落語と、この上ないメンバーにファンとしては感謝しております。

 東大阪市         上田

 今日も大好きな「笑福亭一門会」を楽しませて頂きました。鶴二さんの「寝床」大変面白かったです。いいフラ持っておられます。大笑いしました。仁嬌さんの「人形買い」あまり聞けない噺なのでよかったです。

 阿倍野区         東川

 桃ヶ池公園を夫婦でウォーキングしている時に田辺寄席を知り、今回初めて来ました。とても楽しい時間を主人と過せました。ありがとうございました。

 兵庫県          藤尾

 「国立民族学博物館」のチケット当たりました。ありがとう!

 阿倍野区         榎並

 初めて寄せていただきました。笑いはとても良くて病気も飛んで行く程です。本当に楽しかったです。鶴二さんのファンです。家も近くでこの場所へ寄せていただいた事本当にうれしいです。ありがとうございました。

 中央区          順香

 鶴二さん、賑やかな楽しい高座でした。右喬さん、初めてですがユニークな人のようですね。

 天王寺区         指宿

 「人形買い」とても珍しい噺を聴かせていただきました。色んな蘊蓄が入っていて、自分でもう一度調べたくなりました。

 阿倍野区         東川

 初めて見させていただきましたが、アットホームな雰囲気で楽しめました。また折をみて見に来ます。

 淀川区          山本

 今回初めて参りましたが、アットホームな雰囲気でお客さんもみんな温かいですね。また来たいと思います。

 中央区          稲村

 鉄瓶さんの「ちりとてちん」よかったです。弟弟子が入門してもすぐやめたり、事件を起こして「破門」になったりして、又々、一番下の弟子になってしまいましたね。自分は自分なので今のキャラクターを伸ばしてがんばって下さい。右喬さんのまくら最高です。笑いころげてしまいました。鶴二さん「寝床」大熱演でした。楽しかったです。文太さんの「胴斬り」さすがです。仁嬌さん初めて聞く珍しい噺をありがとうございました。

 堺市           大久保

 笑福亭鉄瓶さんが舞台に出てくる寸前に、世話人の奥田さんが、「鉄平はもう帰ったんか?」と話しだした(鉄平とは私の息子で、本日の昼席に来ていたが、夜席は用事があるので帰った)。「もう帰ったよ」と答えると、回りの人達は「まだ鉄瓶さんは舞台にも上ってないのに、こいつら何を言ってるんや」といった顔付きで、私と奥田さんを見ていた。

 阿倍野区         吉田

 京都、明石など遠くから来られている人もいらっしゃるのに驚きました。田辺寄席が、今年も阿倍野青年センターで開催されているので、本当によかったです。

 門真市          松尾

 「胴斬り」を初めて聞きましたが、コミカルな噺で大変笑わせてもらいました。

 阿倍野区         高橋

 右喬さん「米揚げ笊」、調子が上がったり下がったりで独特の雰囲気が出来上がっていました。

 鶴二さん「寝床」、うまくまとめられてよかった。露の五郎兵衛師匠の姿に何か似てるみたい。

 仁嬌さん「人形買い」、聴きごたえあり、グー、今や珍品でしょうね。

 京都府          宮園 

 昼、夜通しで、八天さん、鶴二さんを楽しみに参加させていただきました。勢いのあるまん我さん、八天さんの珍しい「お神酒徳利」、喉の不調でも年季の入った小米師の「鹿政談」、皆さん熱演で楽しめました。「笑呆亭」では、雀五郎さん、文太師とのかけあいは最高でした。 夜席では右喬さんの一席、とても得をした気分になりました。そして鶴二さん、右喬さんへの思いのこもったマクラから、迫力充分の「寝床」の口演ありがとうございました。

 来月はいよいよ500回記念を迎えられるとのことで、私は出張のため残念ながら参加できませんが、今後とも地域から笑いを広げる発信地として発展されることを願っております。

 住之江区         岩見

 あいうえお作文「さ」行で、

さ=三十五周年を迎えた

し=しあわせを感じるような

す=すてきな地域寄席は

せ=千客万来の田辺寄席

そ=存続を願い応援致します。

 浪速区          榑本

 右喬さん、漢字検定ガンバレ!

 阿倍野区         榎並

 初めて寄せていただきました。前から新聞、ラジオ、テレビなどで知っていましたが、土、日曜日は仕事がありますのでなかなか来られず、今回幸い休日となりましたのでヨセていただきました。できるだけ足を運ばせていただきます。

 鶴二さんが特に好きなんです。文太さんの噺もおもしろかったですなあ。こんなに愉しい寄席なら休日にできるだけよせていただきます。ありがとうございました。

 西成区          ○○○ 

 夜席の笑福亭一門会。六代目最後の内弟子の鶴二さんを目当てにやって来ました。鶴二さんの「紙屑屋」「稽古屋」などの音曲噺が大好きですが、今席の「寝床」も楽しみにしていました。時間の関係か前半の美味しいところをはしょってのスタートでしたが、旦那さんが機嫌を直して浄瑠璃の会が始まる頃から、独自のくすぐりも入れて絶好調、大熱演で、大爆笑、大受けの一席でした。

 富田林市         中司 

 500回公演の前の月、楽しい落語ありがとうございました。右喬さんのこの味は楽しいですね。鶴二さんも好きな落語家さんです。いつまでも可愛らしさが残る雰囲気いいです。多くの方が500回記念の「賛助金」を持参してきていましたが、私も少ないですがお渡ししました。「記念公演」もみんなで作るという感じですね。大成功してほしいですね。

 和歌山県         箕西

 本日も、昼夜続けて落語を楽しませていただいております。ご盛況なによりでございます。

 本席は、右喬さん、開演前にもお声をかけさせていただきましたが、本当に一度見たら忘れられない個性の持ち主でございまして、私めのこれも好きな落語家さんの一人でございます。縁あって松喬師匠のお弟子さんとなられておりますが、その前に、先代金馬師匠にあこがれて、米朝師匠や都丸師匠に入門を志したというのも私好みであります。ネタを語るという、落語の本筋を目指している方です。

 意外に思われるかもしれませんが、右喬さんは落語のテクニックとスキルという点においては、非常にしっかりしていて、別段、ネタをいじっているわけでもございません。しかし、私どもの右喬さんの高座に対する印象はとてもユニークなもので、時にはシュールですらある。落語家さんに対するほめ言葉に、「フラがある」というのがありますが、現在東西あわせてもこんなに「フラのある」人は5人といないでしょう。それだけ、存在そのものが落語家さんという人です。

 本席「米揚げ笊」、スラップスティック的に普通の方は無理して演じるのですが、右喬さんはオーソドックスにやっているだけなのに、スラップスティックを通り越して、モンティ・パイソン的な不条理的世界にまで、すぐ到達します。この場合、売り子の普通で無さを、なお上書きする「旦さん」が登場するので、益々凄いことになります。それが自然な右喬さんは本当に目が離せない位面白い。これからもガンバッて下さい。

 中入り後は鶴二さん「寝床」、こういった芸風の方にこのネタは似合っているのですね。いろいろな工夫が見られて、とてもよかったのであります。

 本日も、非常に感謝しております。とても、とても、とてもありがとうございました。

 

 

《皐月席、田辺寄席「参加者の声」》

第497回 09年5月17日()昼席 午後1時10分開演

〈いちもん会〉

 阿倍野区         佐藤 

 三段さんの創作落語、北海道出身とのことで、標準語と関西弁が入りまじり新鮮で元気一杯でよかったです。

 三扇さんの「おかんと私の品定め」、どこまでが創作かわからない位リアリティがあり楽しませてもらいました。

 お目当ての文太師匠の「らくだ」、往年の六代目松鶴師匠や米朝師匠のとは一味違う「文太らくだ」で大いに楽しみました。噺としては千日前の火屋へ行くまでの最後まで聞きたかったです。

 枝女太さんの「植木屋娘」,

上品な住職と植木屋のやり取りが絶妙でめりはりのある話術で落語らしさを堪能しました。

 住吉区          田宮

 「らくだ」は文太さんの「ニン」に合っていないのではと思っていました。以前、「『地獄百景・・・』と『らくだ』はリクエストされてもしません」と言ってはったように思います。でも初めて文太さんの「らくだ」を聞いて「さすが文太さん」との思いを新たにしました。文太さん独特のリズムの中にも、ドスのきいた熊五郎と紙屑屋の対比と転換を見事なまでに演じました。仲トリというポジションの為、短縮バージョンですがフルバージョンの「文太らくだ」を是非聞いてみたいです。マアそれにしても色んな噺を演りはりますなあ。感心のしっぱなしです。

 岸和田市         堀口

 今日は文太さんの「らくだ」を楽しみに来ました。期待どうりでした。あのスマートな身体からあの迫力満点のセリフがどこから出るのかと感心します。「文太落語」はまだまだ奥深いと思いました。いつかフルバージョンの「らくだ」を聞いてみたいと思います。楽しみにしています。

 阿倍野区         森村

 三段さん、北海道出身でまだまだ大阪弁には苦労するでしょうが、一生けん命さがうれしいです。「笑呆亭」も地名は難しいですね。三扇さん、おかんになってきましたね。入門したてで女子大生風の頃の三扇さんを思い出します。珍念さんの「大安売り」何回も聞くネタですが、やはり面白いですね。でも、いかにも弱そうな「大安売り」でした。桂枝女太さん、新型インフルエンザにはお仕事の方で大変な目にあわれたのですね。でも余りにも騒ぎ過ぎだと思います。厚労大臣のはしゃぎぷりといい、何か裏があるように思えて仕方ありません。今後の動きを冷静に見て行こうと思います。トイレットペーパーさわぎの時のように、マスクや関連の薬がなくなる事がありませんように・・・

 東成区          竹野

 田辺寄席の会員の更新をしました。今まで「郵送会員」でしたが、今年から「賛助会員」にしていただきました。最初に会員になった時の「寄合酒」のページ数は20ページでしたが、今は32ページが当たり前になってしまいました。これは製本や発送作業も大変でしょうが、郵送料、印刷代の負担も増大している事だと思います(郵送会員費では、実費にもなっていないようです)。私は何も協力する事は出来ませんが、「賛助会員」になる事でホンのわずかでも協力出来たらと思っています。

 東成区          山本

 私、落語ビギナーです。「らくだ」というタイトルの有名なことだけは知っていました。今回、聞かせていただき、その面白さを知りました。もっと長い噺のようですね。最後まで聞いてみたいと思いました。

 東住吉区         清水

 文太さんの「らくだ」大熱演でした。兄貴分と弟分の立場の逆転の瞬間が一瞬の光の差し加減の変化を見たようでした。

 阿倍野区         此川

 文太さんの「らくだ」楽しみにしていました。紙くず屋さんの変化がとてもおもしろく大笑いしました。ありがとうございました。

 西淀川区         榮

 「新緑や 笑ひも萌ゆる 田辺寄席」

 住吉区          上田

 文太さんの「らくだ」絶品!と小さん師匠があの世で言ってました。

 平野区          伊庭

 楽しい時間ありがとうございました。

 柏原市          久田

 全編通じてにぎやかで楽しかったです。

 柏原市          ○○○

 松鶴さん、鶴瓶さんと、色々「らくだ」を聞きましたが、この長い落語を短時間に見事にまとめられた文太さん、さすがベテランと感心致しました。

 淀川区          Y

 「らくだ」最高(次回は最後まで頼みます)。禁酒中(本日で50日)の身には紙くず屋さんの呑む仕草はこたえました。

 宝塚市          藤原 

 文太さんの「らくだ」最高です。今度はフルバージョンでお願いします。

 阿倍野区         M

 三扇さんの娘さんはさすがですね。噺家の器では?

 阿倍野区         吉永 

 「大安売り」について、前から思ってたことですが、四股名である限りは、送り仮名はつけるべきではないと思う。暇にまかせて全力士を調べたところ、四股名に仮名がまじっているのは、「○の○」、「○ケ○」、「若い浪」のみ、名前の最後がひらがなは一人もいない。

 西淀川区         榮 

 文太師匠の「らくだ」最高でした。 

 東住吉区         下地

 創作物二題、とても新鮮でした。

 珍念さんの「大安売り」、力士がなにやら外国人力士っぽい?でも勢いがあってよかったです。

 枝女太さんの「植木屋娘」、親父の暴走っぷりが際立っていてよかったです。

 ○○○          ○○○

 久しぶりに寄せてもらいました。雰囲気は以前と変わりありませんでした。

 阿倍野区         小松

 文太さんの「らくだ」大熱演でした。感動しました。今月も楽しい会をありがとうございました。

 住吉区          木村 

 今月は久し振りに3回連続参加できました。文太さんの「らくだ」も大熱演で、すっかりらくだの住む長屋の中に引き込まれてしまいました。

 6月はいよいよ500回目の記念すべき公演ですね。数々のご苦労があったことでしょうが、本当にこのように地元で素晴らしい伝統のある落語会があることを嬉しく思います。 本当に有難うございます。

 堺市           芥 

 @文太師匠の長生きの秘訣「カ行で」。

カー感動する。

キー興味を持つ。

クーくよくよしない。

ケーけちけちしない。

コーこりずに落語を聞く。

つまり、ストレスを発散してなやみはないという事でしょうか。

 A三扇さんは初めて聞きました。学園ネタがとてもよかったです。

 ◎今日はなんと言っても「らくだ」にとどめを刺します。とてもおもしろかったです。

 淀川区          吉田 

 5月24日・3031日繁昌亭へ行きます。中トリの文太さんが目当てです(何で大トリにならへんねん!)。私の勝手な希望ですが、「文枝」を継ぐのは文太さんだと考えています。夢も希望もすてない。時代に流されもしない。そんな文太さんが大好きです。とりまきの親衛隊以外にも「文太支持者」は多いんですよ。吉本の最近の芸人みたいにならないで下さい(今更言うまでもないですが!)。文太さんの「らくだ」最高でした。あ……!これから「じゃんじゃん横丁」で沈ぼつしてきます。最後にスタッフの皆さん本当にありがとう。

 豊中市          奥村 

 三段さんが演じた「にぎやか寿司」は面白いのですが、少し時代が進んだので改作されるほうが良いようにも思います。三扇さんの「おかんと私の品定め」は御本人にとっても似合っていました。文太師匠の「らくだ」は生であそこまで長く聞けたのは初めてでうれしかったです。

 珍念さんの「大安売り」はよく聞くネタですが、どうしても笑ってしまいます

 「植木屋娘」の枝女太さんは初めて聴かせてもらいましたが、大熱演でお見事でしたよ。「伝統芸能館」へ行きたいと思っていましたので、大変残念でした。

 兵庫県          井上

 新型インフルエンザの影響で枝女太さんがご出演予定の落語会が中止になったそうで、お気の毒です。あんなもん笑い飛ばしたいものですね。私もこの1月に20数年振りにインフルエンザにかかり、泣く泣く田辺寄席を自粛しました。来月は記念の会ですので、くれぐれも気を付けます。

 東住吉区         川上

 5月は久し振りに3公演通しで見せてもらいました。三つの一門の精鋭とプラス文太さんというプログラムはすごい番組です。大満足の二日間でした。ずっと雨になってしまいましたが、裏庭には大ブルーシートが張られた為、安心して仲入り「お茶タイム」を満喫しました。お茶には全て氷が入れられ、心配りも満点、いつもながら田辺寄席の世話人さんには感心させられます。来月はいよいよ500回記念公演。長い長い田辺寄席の歴史を共に喜びあいたいものです。本当におめでとうございます。

  平野区          大平

 どしゃぶりの雨の中の田辺寄席でしたがいっぱいのお客さんでよかったです。三段さん、北海道出身で上方落語・なにわ言葉は大変でしょうが、若手らしく元気いっぱいの高座には好感が持てました。来月は500回記念。私は田辺寄席は2年目で10回位の参加ですので500回のすごさには圧倒されます。市民の手づくりでやり通した35年間、あっぱれ!という以外に言葉はありません。