《水無月席、田辺寄席「参加者の声」》

第498回 09年6月20日()昼席 午後1時40分開演

〈いちもん会〉

 阿倍野区         佐藤 

 そうばさんの「首の仕替え」、元気がありタイムリーな人物を織込んだ噺で楽しませてもらいました。あさ吉さんの「書割盗人」、細かい描写に工夫があり面白かったです。

 私は文太師匠の浄瑠璃を扱った噺が好きで「軒付け」は何度聞いても大笑いさせてもらいます。

 本日は襲名後初めての米団冶さんの噺を聞きに来ましたが、驚きました。小米朝時代もセンスの良い、華のある、落語で楽しませてもらいましたが、襲名されてさらに大きく、師匠の自信も感じられ、抱腹絶倒の落語に大満足しました。いまや上方を代表する旬の噺家さんになられたと思います。

 京都府          西野

 米團治師匠、小米朝時代の高座を知らない者ですが、名前の功でしょうか、お弟子さんが入らはったせいでしょうか、貫禄たっぷりの高座を十二分に楽しませていただきました。まさか、会場に先代をご存知の方がおられるとは驚きです。四、五代両名の著書を読ませてもらっています。今後もますますの活躍を期待しております。そうばさん、4年目とは思えない堂々とした高座でした。わかばさんの「口合小町」、ちょうばさんの「明石飛脚」のように大事にして下さい。「笑呆亭」の司会もお見事、ますますの活躍を期待しております。

 兵庫県          菊地

 繁昌亭昼席、連日満員でめでたしめでたし。そやけど落語ファンは入場料の値上がりで泣いています。ファンの寄付で建てといて、こんな目にあうとは。「プロでなければ高座へ上がれない」という規約があって、7月初旬の落語会の内容を替えていた。しかし、考えてみたら、素人でも上手な人がいてる。プロでもそれより格段にヘタな人が多勢いてる。この人達も一定のレベルまで技術が達してないと、出してはイカンのでは。繁昌亭建設資金は、素人が出しているのである。

 神奈川県         川合

 米團治さんの大熱演楽しみました。講釈師の流れるような語りが耳に残りました。にぎにぎしく華やかに襲名されてこれからもがんばって下さい。

 東住吉区         井関

 田辺寄席500回記念公演お目でとうございます。地域の皆様に笑いと大阪の味を振るまわれた事、お世話下さった皆様のおかげと心よりお礼申し上げます。今後とも、長く続く事をお願い致します。

 東成区          楠田

 大いに笑いました。さすが米團治さんです。満足しました。来てよかったです。

 堺市           井藤

 米團治師匠、男前で熱演でした。楽しい時間でした。今回も私にとっては新ネタで楽しかったです。

 堺市           芥 

 「軒付け」で笑わせてもらいました。めちゃおもしろかったです。米團治さんも襲名して今波に乗っている。とてもおもしろかったです。

 東成区          山本

 お客さん、たくさん来ましたね。いつも通りの時間に来たら、後ろの方の席になってしまいました。

 阿倍野区         吉永 

 宗助さんの噺はいつも声がよくて噺家口調で、聞いていて心地よいことこの上ない。売れてきて出番が多すぎたり、飲みすぎたりで声をつぶしてしまう噺家が多い中、宗助さんのテノールかバリトンか知らんが響く声はすばらしい。願わくば、マスコミにこれ以上売れることなく、また煙草を吸い過ぎないようにして美声を続けてほしい。

 京都府          佐野

 米團治さんの「くっしゃみ講釈」は大熱演でしたね。くしゃみを我慢する心持はない型でしたが、勢いがついていてよかったと思います。

 文太師の「軒付け」は場内大爆笑でしたね。リズムがよく心地よかったです。

 宗助さん、そうばさんは珍しい噺で興味深く聴かせていただきました。

 あさ吉さんはなんとも言えないフラに魅了されます。

 35周年500回おめでとうございます。今後とも末永くご盛況でありますように。

 堺市           林 

 米團治師、ほんとうに大熱演でした。迫力がすごく伝わってきました。

 「軒付け」は何回も聞いているネタですが、やはり演者の力で何回聞いてもオモシロイ。

 堺市           嶋 

 いよいよ500回にカウントが近づきました。長年のお世話人様、噺家の出演協力者、客人、三拍子揃っての田辺寄席、ますますの発展と笑いの場、楽しみにしています。このせち辛い世の中、笑うが幸せ。シワが増えても笑います。

 富田林市         林 

 500回おめでとうございます。米團治さんは華やかな高座で、米團治の名も気を集めることでしょう。あさ吉さんは初めてでしたが、静かな口調で味のあるものでした。文太さんは相変わらず達者ですね。

 東住吉区         栗原

 500回記念を明日に控え、今からワクワクしています。

 私が入会して3〜4年経ちますが、今から思えば第一回目頃はどんな雰囲気だったのかなと想像もつきません。これからも500回を一つの区切りとして益々のご繁栄を心から応援しています。

 東住吉区         清水

 米團治さん、「くっしゃみ講釈」大熱演でした。最近もの忘れ、勘違いが多く、「アチャー」と思いますが、米團治さんのエピソードでほっとします。

 東住吉区         仲田

 あさ吉さん 小さい声乍ら、スムーズでだんだん面白くなって来た。

 米團治さん 小米朝の時一度聞いた。米朝さんは横に座ってるだけで噺をするといってしなかった。その時はまだ初々しい息子さんだった。お披露目で分厚く感じられたが舞台映えする感じだ。舞台の数だろうか、とてもきれいだ。仲々の熱演だった。

 中央区          圓山

 米團治さん、オーラを感じました。名前が変わり責任感がやはり出てきたんでしょうか。

 楽しませていただきました。ありがとうございました。  

 阿倍野区         百崎 

 良かったです。良かったです。

 これからの米團治さんの活躍を期待しています。

 中央区          圓山 

 米團治さん、一門の方々がマクラで使えなくなる位ウデを上げましたね。笑わせて頂きました。

 和泉市          梶谷

 文太師匠の義太夫の表現、大変おもしろく聞かせてもらいました。米團治師匠の「くしゃみ講釈」、昔なつかしく、今は無くなったからくりと講釈良かったです。襲名後より芸に磨きがかかってきているように思います。

 桂かい枝さんの出演を希望します。

 住吉区          西川 

 米團治さん 講談師の熱演最高でした。

 平野区          嶋田

 初めて来させてもらいました。大笑いして本当におもしろかったです。

 米團治さんのは小米朝さんの時、数年前全教組の全体会場で講演を初めて聞き、ファンになりました。それ以来米朝さんのも一度だけきかせてもらいました。こんな近くで聞けて本当に来てよかったです。世話人会にрオて、チケットを送っていただいて、いかめしまで当たりました。落語がますます好きになりました。

 ほかの演者の方もとてもおもしろかったです。

 世話人会さんにご無理を言ってしまいましたが、ありがとうございました。

 富田林市         ○○○

 35周年おめでとうございます。28年目位から来させていただき、早や7年になりました。今回、初めて「通し券」を予約しました。明日からの500回の文太師の「熊野詣」楽しみです。これからも1000回目指して、益々の大入りを祈願しております。

 淀川区          吉本

 あと2回で500回、おめでとうございます。文太師の努力と世話人会のご苦労の末の大金星です。

 大東市          ○○○

 久しぶりで良く笑いました。

 宗助さんは久しぶりです。上手になられたと思います。

 田辺寄席で「小米朝」の最後を聞き、そして今日、「米團治」になられてすぐのお噺を聞き、うまくなられているのにビックリ。やはり大名跡をつぐと内容も変わるのですね。こういう変化を身近で見られる「田辺寄席」は本当にすごい寄席なのですね。

 「笑呆亭」もだんだんおもしろくなって来ていますね。これからが楽しみです。

 富田林市         藤岡

 あさ吉さんは、飄々とした風貌どおりの「書割盗人」、それとなくおもしろい内容を、ぐーんとおもしろい噺になりました。ありがとうございました。

 米團治さんは、小米朝時代よりも一肌も二肌もむけて、とってもよかったです。声もよく、調子のよい講釈もいっぱいきけました。又、噺をききたいです。

 堺市           林 

 35周年おめでとうございます。いつも楽しませていただいております。いつも「笑呆亭」楽しいですが、今日のそうばさんと文太さんのやりとり、打ち合わせたかのようにおもしろかったです。米團治さん、お会いするたびに「艶」があり、素敵ですね。文太さんの軒付け、もう一度おききしたいです。

 柏原市          内田 

 桂そうばさん、珍しい噺ありがとうございます。

 桂あさ吉さん、つもり・・つもり・・名人のつもりで聞いていました。

 桂文太師匠「軒付け」、もっと長い噺をうまく短くまとめられてました。よかったです。

 「宗助はん」の落語も、文太師匠と同じ様な「はんなり」をいつも感じます。丁寧な落語でした。

 桂米團治師匠、元気いっぱいの噺でした。楽しかった。

 豊中市          W

 500回おめでとうございます。米團治さんの熱演、クシャミで美男が台無しや、これが大ウケ。これだけで来たかいがあった。

 兵庫県          井上

 米團治さん、記念公演にふさわしい大熱演でした。会場におられた、先代米團治さんをご覧になった方も大満足ではないでしょうか。

 滋賀県          米田

 春團治さんの「いかけ屋」をリクエストします。

 米團治さんはもっと他の演目を聴きたかったです。でもやはり米團治さんには華がありますね。文太さんも今年は名人会に出られまして大変良かったと思います。

 天王寺区         指宿

 米團治さんの色気のある演技、たんのうしました。

 阿倍野区         高橋

 いつも独特の雰囲気を出してくれるあさ吉さん。今回はそれだけではございませなんだネ。センスが何か吉朝師匠に似ていたようで!

 文太師匠の「軒付け」、力が充分入ってよかった!

 宗助さんの珍品きっちり聴かせてもらいました。随分以前、小米時代の枝雀さんできかせてもらいました。

 五代目米團治師匠、幅広い芸とあわて者の見世所。熱演よかった。

 間もなく500回(御厄介?)

 東成区          T

 35周年記念おめでとうございます。

 文太師匠、米團治師匠すばらしかったです。文太師匠は落ち着いて楽しく、米團治師匠は講釈のシーンなど聞き入ってしまいまいたが、表情豊かに堂々とされてて、とても面白かったです。宗助さんも枕から笑わせて頂きました。そうばさんは男前の顔にすげ替えられてよかったですね。

 東住吉区         松村

 いつもながらの文太さんのお噺には頭が下がります。迫力ある大演技に感心しました。米團治さんも大熱演で本当におもしろかったです。こんな楽しい時間はほかにありません。

 

 

《水無月席、田辺寄席「参加者の声」》

第499回 09年6月20日()夜席 午後6時10分開演

〈いちもん会〉

 摂津市          内田

 500回おめでとうございます。499回のカウントダウンに参加できて満足です。問題もあるようですが、何とか頑張って乗り切ってください。

 富田林市         林 

 福團治さんは初めてでした。しんみりとした人情噺は最高でした。

 住之江区         岩見

 あいうえお作文「た」行で

 たー田辺寄席と言えば月に四度のお楽しみ

 ちー地域に根付いて三十五年

 つー粒揃いの出演者は

 てー天下一品の「いちもん会」

 とーとうとう明日は五百回

 ここまで継続出来たのも、世話人さんの努力の賜物です。おめでとうございます。

 富田林市         小川

 今日の文太さんの「軒付け」と「いらち俥」大笑いしました。

 阿倍野区         中村

 団姫さん、一年ぶり位に聞きました。すばらしくなっておられた。福團治さん、しっとりすばらしい落語でした。ありがとうございました。

 神奈川県         川合

 福團治師匠の噺を間近でじっくり聞けて感激しました。前に「蜆売り」を聞いた時も、いつまでも心に余韻が残りました。

 春菜さんの演った「母恋いくらげ」はとてもおもしろかったです。どんなオチかと最後まで興味津々でした。

 阿倍野区         里見

 久しぶりの落語会。大変楽しく笑わせていただきました。特に蝶六さんは月日を重ねて、芸が育っているのがよく解って、私も嬉しかったです。これからも頑張って下さい。また、こんな素晴らしい会を運営されている地域の皆さんに拍手です。

 阿倍野区         里見

 蝶六さんの紹介で来ました。楽しい時間を過ごせました。スタッフの皆様ありがとうございました。

 奈良県          渋谷

 福團治師匠、文太師匠の噺にあると「芸」。落語一筋どこまでも追い求めてようやく到達する境地でしょう。若い噺家にも僭越ながら、見習っていただきたい。いつまでも耳に残る噺と、聞いた尻から忘れる噺。師匠連が苦闘の末につかんだ芸は、見る者をつかんで離さない。高みを目指す若者が、上方落語に一人でも多く現れんことを。

 兵庫県          浅野

 初めてやってきました。地域寄席として伝統があるとの事はうかがっていましたが、手作り感が素晴らしいと感じました。遠いのでなかなか来る事は出来ませんが、また来たいと思います。

 阿倍野区         M

 福團治さんの「薮入り」はしっとりとした噺で、笑いもあり聴き入りましたB

 枚方市          西井

 春菜師匠の噺のネタの構成、しぐさ、口調が、お父様の春蝶師匠に似てきましたネ! 文太師匠の「いらち俥」、SF的な濃い噺を有難うございました。お疲れ様でした。おもしろさも音速を超えていました。

 阿倍野区         吉永 

 「昭和任侠伝」!こういった中途半端に古くさくなった新作は、演じるのが本当に難しいと思う。昇蝶さん(そういうと最近見かけませんねえ)や、春菜さんでデフォルメされた「昭和任侠伝」を聞き、時代の流れを感じさせ、落語というのは、噺家の創意工夫で、どのようにでも変えることが出来る一方、蝶六さんの今日のようなオリジナル版もいいもんだと、これもこの噺家さんの力量を示すものだと感じた一席でした。

 天王寺区         指宿

 文太師匠の「いらち俥」、全身を使った大熱演、大爆笑の一品でした。福団治師匠の「薮入り」、しっとりと聞かせていただける一品でした。文太師匠の話が「動」の極みなら、福団治師匠の話は「静」の極みという感じでした。

 住吉区          M

 団姫さん、うまくなられてびっくりしました。文太師匠は「いらち俥」、まだまだお若いですね。元気いっぱい演じられて、これまたびっくりです。たこさん、くらげさん、ひらめさん、かめさんの楽しかった春菜さん、高倉健にあこがれる八百屋の息子さんが楽しかった蝶六さん、薮入りの息子を迎える父母がイキイキしていた福団治師匠、今日はすばらしい寄席でした。

 東住吉区         高橋

 新作落語も面白かったが、やはり古典落語がよい。「平林」、「いらち俥」、「昭和任侠伝」、「薮入り」いずれも熱演でとても楽しかった。くじには当たらなかったけど、聞いているだけでも楽しい田辺寄席です。

 阿倍野区         小松

 明日の500回記念、おめでとうございます。春菜さんの意外な一面を知り、びっくりしました(笑)。

 住吉区          上田

 団姫さん、頑張って下さい。

 堺市           上西

 いつもありがとうございます。

 中央区          稲村

 田辺寄席35周年、500回記念公演おめでとうございます。定席が5、60年もない上方で、各地域の地域寄席が粘り強く開催してきた事が、定席(天満天神繁昌亭)につながった事は、歴史的に明らかな事です。昭和47(1972)岩田寄席が誕生し、その2年後に田辺寄席も続いた。岩田寄席が20年240回で幕を閉じた後も延々と続き、今回とうとう35周年、500回になった。これは上方の歴史でもかってない快挙であり、いつまでも、語り継がねばならないことだと思う。その笑いの輪の中におられた事を喜びとしたい。

 兵庫県          菊地

 入梅宣言から殆んど雨が降っていない。が、どうやら今夜あたりから本格的にシーズン突入となるらしい。四国の早明浦ダムは貯水率の低下に悩んでいる。麻生内閣も解散の決断がつけられずに大いに悩んでおられるのだろう。この人では、日本の近未来は危うい。早く決着つけて下さい。それにしても、福團治師の至芸「薮入り」、いつ聞いても泣けてくる。心の涙腺がゆるみ、体内では本格的な梅雨に入った。

 北区           角谷

 田辺寄席は初めてでしたが、地域の人に愛されている、非常に距離の近い良い寄席だと思います。又、是非来たいな。

 京都府          西野

 福團治師匠、生で十八番が見られて良かったです。その端正なネタ作りは、春團治師匠の色を継いでらっしゃる。「弱法師」(ながたん息子)を見たいのですが、もう演らないのでしょうか。

 八尾市          上舞

 ついに明日で500回、その前日の499回公演に参加させていただき光栄です。低料金で楽しめる田辺寄席には、いつもながら感謝いたしております。

 堺市           O

 文太さん、面白かったです。「いらち俥」またやってやあ。春菜さん、クラゲとタコ…、あとなんやったっけ?リクエストかけるからまたやってぇなあ。団姫さん、マジで「ついてる」って言われたん?誰やそんなこと言うの?あんなにおもろなるんやったら、もっといろんなこと言えって言うとくのに()。福團治さん、味なんかなあ、笑えるところが多かったです。くつろいでることさえ、笑いになる…スゴイです。

 柏原市          内田 

 露の団姫さん、元気一杯が好きです。桂春菜さん、春蝶襲名おめでとうございます。先代は、ラジオで毎回聞いてました。早く追いつき!追い越せ!ただし、お酒に注意!。桂文太師匠、やさしい「いらち俥」、それがたまりません!。桂蝶六さん、春蝶師匠の噺を思い出しながら聞き入りました。桂福團治師匠、さすがです。やっぱり引き込まれます。

 富田林市         藤岡

 団姫さんによる五郎兵衛さんの話は、とてもおもしろかったです。そして、団姫さんの噺も、数年前の「東の旅・発端」より数段お上手になられましたね。春菜さん、春蝶襲名がんばってください。「母恋いくらげ」の噺は、もう3回は聞きましたが、何回聞いても、ほんのりといい噺に仕上がっていますね。聞き応えのある一席でした。ありがとうございました。福團治さんの人情噺、さすがじっくりたっぷりの余韻を含ませて。

 兵庫県          井上

 文太さんの「いらち俥」、初めて見たかもしれません。クスグリがいちいち面白く、大爆笑でした。これからも演って下さいね。福團治さん「薮入り」、じっくり聴き入ってしまいました。

 西成区          ○○○

 福團治師匠、今週は繁昌亭昼席の主任だったので、連日ライブ繁昌亭で拝見し、今夜は生の高座を堪能させてもらって、正に福團治ウイークとなりました。

 滋賀県          岸本

 久々の田辺寄席に寄せてもらいました。

 団姫さんの「平林」は彼女の丁稚の愛らしさが出ていました。春菜さんの「母恋いくらげ」は海の生物のしぐさや、昭和臭いバスガイドなど爆笑させてもらいました。まるで久米田康治のマンガ「絶望先生」みたいなマクラもよかったです。文太師匠の「いらち俥」はお婆んが主人公は珍しく、かなりの聴きものでした。まさか音速やドップラー効果が出てくるとは思いませんでした。蝶六さんの「昭和任侠伝」はもろに昭和の薫りが漂い、春蝶師匠の作品世界がみごとに活かされていました。そしてトリの福團治師匠の「薮入り」はこのところ親が子を殺し、子が親を殺す殺伐としたこの世の中に、昔の親子の情愛が出ていて、さすが人情噺の福團治といわれる所以です。みごとに情感がこもっていました。

 和歌山市         箕西

 いつもご盛況でございます。田辺寄席今回は499回ですが、五百回記念公演ということで心よりお祝い申し上げます。

 論語に「徳は孤ならず必ず隣有り」とありますように、田辺寄席は会員様ともどもすばらしい活動を続けていらっしゃいます。これからも、いつまでもこの田辺寄席という至福のときが続くことを希望します。

 今席は、まずは春菜さんでございます。これで春菜という、カミーユとかニキータというような、ほとんど女の人に間違われる、それでいて二枚目でしか名のれないような名前から、春蝶というちょっと踊りのお師匠さんのような趣味人の名前にチェンジされますが(お父さんの先代さんも阪神という趣味で生きていたような気がいたします)。この襲名は現春菜さんにとっては非常にプラスと考えます。春菜さんという人、上方若手では最都会的なセンスがある人であるということを、いろんな人にアピールできるチャンスと心得るからです。

 今回、喬太郎師匠の「母恋いくらげ」。私めご本人の高座も生で見ていますし、他の方、例えば三遊亭歌武蔵さんの高座もTVで見る機会がありました。しぐさがポイントのネタのためか、古典派の人も高座にかけたがるネタであります。ではありますが、このはなし、ストーリーが落語としては展開がギリギリと言えるほど右に左に振れますので、口調がとてもいい人であることが重要となります。その点春菜さんはキッチリとされております。非常によかったのであります。春菜さん、喬太郎師匠のネタなら「午後の保健室」とか「すみれ荘201号」「ほんとうのことをいうと」などもいいんではないですか。男前の春菜さんなら新しい世界が広がると思います。

 そして、私めの大好きな福團治師匠でございます。ご出演本当にありがとうございます。福團治師匠は、上方落語界、というか上方落語で人情噺といえばこの人という存在でありまして、聞いてよかったと思える噺をされる方でございます。

 実は他者という存在が、わりと薄い上方落語の世界において、人情噺を成立させるのは、意外とむずかしいものです。このことを上方の人に具体的に示そうと思いますと、例えば、とりあえず思いつくのは、ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三」という番組の成功であるといえばわかってもらえるでしょうか。

 本席「薮入り」、とてもよかったのであります。また聞きたいのであります。 今回もありがとうございました。とても、とても、とても感謝しております。

 

 

《水無月席、田辺寄席「参加者の声」》

第500回 09年6月21日()昼席 午後1時10分開演

〈いちもん会〉

 中央区          石田

 500回記念公演おめでとうございます。

 超満員の会場で拍手の音量も普段の百倍ほどに感じられました。ともかくすごいとしか言いようのない盛況でした。

 豊中市          奥村

 500回の記念寄席に参加させていただき光栄です。そして、ほんとうにおめでとうございます。持続させるのには大変な努力がいるでしょうが、これからも続けていってもらいたいです。

 田辺寄席はいつもにぎやかで楽しい寄席ではありますが、今回は記念寄席だけあって華やかさが増して、とっても素晴らしいものとなりました。

 生野区          中西

 500回、おめでとうございます。私はまだ、この500回の一割にも満たない回数しか寄せて頂いておりませんが、その都度、大変楽しい時間を過ごさせて頂いております。会場の存続が危惧される等、大変な事もお有りでしょうが、今後も末永く続けて頂けます様、お願い致します。

 堺市           林 

 田辺寄席500回目は通過点、まだまだ続く地域の笑い。

 神奈川県         川合

 三四郎さん、前に観た時よりずいぶんうまくなりました。髪型もよくお似合いです。高座をパーッと明るくする雰囲気があります。

 坊枝さん司会の大喜利、存分に楽しみました。文福一座はバラエティに富んでます。めずらしい文鹿さんのにわか、ほのぼの心があたたまりました。文福さんと坊枝さんのやりとりが最高におもしろかった。文枝師匠が遺した「熊野詣」、文太師匠が「もっともっと稽古してふくらましていきたい」と言っていた。また聴きたいです。

 京都府          吉野

 500回記念公演おめでとうございます。すごい熱気の歴史的な会に出合えた事、その会場で共に笑いを同じくした人達と、「私もあの中にいててんで〜」と、いつか何年か先誇らしげに語りあいたいと思います。それ位すごい会であったと思います。2ヶ月前に予約でいっぱいになったと聞き、よくぞ、あの時、手に入れたものだと、今更ながらに喜んでいます。その後は全ての人を断ったとか。それで、この人数。立錐の余地がないとい

うのは文字通りこの事。入口のドアを開け放して、外にパネルを立てての臨時の入口。こんな田辺寄席を見るのは初めてでした。その中におられる事が選ばれた人間の喜び。文句を言う無粋な人などいませんでした。鏡開きで、三枝さんと共に写真を撮れた事。一生の思い出になりました。本当に今日はありがとう。そしておめでとう。

 東住吉区         松田

 35周年・500回公演おめでとうございます。今日は平松市長は「大阪検定」に参加とか、今日の参加者の中には、「大阪検定」と「田辺寄席」の二つを掛け持ちの人が何人もいるとか。平松市長も掛け持ちする位の「上方」への思い入れがあれば、パフォーマンスでもすごいのにと思いますが。

 「大阪には市民の力で35年五〇〇回も続いている地域寄席があります。その寄席は会場の統廃合で存続の危機にも陥っています。さて、その地域寄席とは? A.岩田寄席、B.おそばと落語の会、C.田辺寄席、D.上新庄駅前寄席」こんな問題でも出たら、平松市長は、どんな思いで、どんな解答をするんでしょうかね?。

 堺市           矢島 

田辺寄席500回記念おめでとうございます。400回記念の時も聴かせていただき、何かの縁を感じます。こんな身近な所で、落語が聴ける幸せを感じています。落語がこんな身近に感じさせていただき、大いに感謝しております。500回記念を迎えるまでには、演者の方、スタッフの方々のご苦労が偲ばれます。私などは、始まる時間前に来て、落語を聴いて「お八つ」をいただいて、堪能して帰るだけのぜいたくを味わっています。この田辺寄席を通じて、テレビ、ラジオで落語を積極的に聴くようになりました。

 富田林市          林 

 三枝門下の芸は、古典あり、創作ありで巾広く達者でした。三枝さんの落語とてもよかったです。上方落語協会会長として、上方落語に対する思いと責任はすばらしいです。

 阿倍野区         鎌足

 三枝さんの「落語大全集」を持っています。実際会うのは初めてです。一度田辺寄席に来てくださいと書いた事もありました。楽しかった。うれしかった。夢がかないました。有難うございました。

 東住吉区         広山

 今日、会場には、読売新聞(8/17()夕刊)、朝日新聞(8/19()夕刊)の拡大コピーが掲示されていました。私は先日、「寄合酒」バックナンバーbR49(04年9月)、bR51(0410月)を見ていました。そこには、田辺寄席30周年の7紙()の記事が掲載されていました。あれから5年。田辺寄席は35周年、500回という上方落語の歴史に燦然と輝く金字塔を打ち立てました。しかし「報道」ワッペンを付けているのは、2紙以外は「時事通信」だけで、(NHKラジオの方もワッペンをつけてはりましたが…)、会場の大、大盛況とはうらはらに何か淋しい、いつもの記念公演とは違うものを感じたのは私だけでしょうか。ここの世話人さんは、新聞に掲載されたりする事を、何ら求める人達ではない事は、いやという程知ってはいますが、市民の力だけでのこれだけの快挙を一行も報道しない新聞社等は、今はやりの「説明責任」が求められているのではないでしょうか。

 阿倍野区         佐藤 

 35周年500回の記念公演にふさわしい噺家さんと演題で大満足させてもらいました。

 三四郎さんの若さ一杯の噺。三風さん、おなじみの「動物園」もセンスと実力のある噺家さんにかかるとこうなるかと驚き大笑いさせてもらいました。文太師匠の「熊野詣」、文枝師匠の思い入れもあり、記念公演にふさわしい味のある噺でした。米八さんのいつもながらの独楽の名人芸に酔わせてもらいました。出だしで英語による口上もあり楽しかったです。

 文福一門の大喜利、出演者の方のサービス精神いっぱいの熱演で本当に元気をもらいました。文福師匠のお弟子さんへの思いやご指導が随所に見られ、ほのぼのした気持ちになりました。

 お目当ての三枝師匠の「誕生日」、師匠の創作落語は面白いだけでなく、家族のつながりや人の優しさも感じられ、本当に気持ちの良い笑いの渦につつまれます。ありがとうございました。

 阿倍野区        M

 田辺寄席、35周年500回公演おめでとうございます。寄席を支えてきて下さったスタッフの方々ありがとうございます。私は途中から寄席に来るようになりましたが、毎月、田辺寄席を楽しみにしています。普段、声を出して笑うことがあまり無いので、ここでは大いに笑わせてもらっています。この田辺寄席がこの地で600回700回…と続いていきますよう願っています。

 兵庫県          藤尾

 今日もおなかの底から笑いました。また文太さんの「熊野詣」はほろりとさせられたと思ったら、オチがあった。みなさん汗だくになっておつかれさまでした。ありがとうございました。

 中央区          圓山 

 500回、おめでとうございます。

 堺市           嶋 

 500回を記念するにふさわしい見事な揃いの噺家さん、いい想い出になりました。感謝の気持ちで一杯です。どうぞ皆様、お疲れ出ませぬように、ぽんぽ娘さんではありませんが、見通し明るく1000回を願って楽しみにしています。

 大正区          武内

 私は初めて田辺寄席に来たのは400回のときでした。今日は500回でんな。100回ってあっというまでんなー。

 文福一門にぎやかでんな。まめださんだけおとなしいでんなー。

 東住吉区         清水

 「大喜利」にぎやかで楽しかったです。坊枝さん名司会最高。

 淀川区          柴田 

 500回おめでとうございます!500回記念にふさわしく、賑やかでとても楽しかったです。「楽語写」に「五百回感謝感激田辺寄席」とありましたが、こちらの方が文太さんをはじめ、世話人の方々に「感謝感激」と申し上げたいです。これからもがんばって下さい。

 柏原市          下村

 35周年、500回おめでとうさんです。この場所で1000回、1500回と続きますように。それまでワテは生きてまへんけど。

 愛知県          武宮

 愛知県在中の私ですが、度々関西の寄席に足を運ぶのが楽しみです。「田辺寄席」も今後、千回、千五百回と続いていくことを期待しています。

 東成区          山本

 500回おめでとうございます。歴史ですね〜。私は今席で15回目。まだまだです。文太さん、世話人の方々、今後ともよろしく頑張ってください

 昨年から田辺に来はじめて、区切りの席に立ち会えました。とてもうれしいです。いいもの見せていただきました。

 高槻市          古庄 

 本日は500回記念公演、誠におめでとうございます。35年の永きにわたり、地域に密着した寄席を運営されてきた世話人会の皆さんの地道なご努力には本当に頭が下がります。今や地域寄席の代名詞となった田辺寄席が今後とも阿部野青年センターで継続開催され、600回記念、1000回記念公演につながりますよう、心から祈念しております。

 東住吉区         中澤

 500回おめでとうございます。これからも続けて下さい。

 阿倍野区         吉田

 第500回田辺寄席の開催おめでとうございます。35年の長きにわたり、地域寄席を続けてこられたことは、笑いを多くの観客に提供してきたことにあわせて、市民が日本の文化を守り、基盤を支えてきた素晴らしい業績として、他に類を見ない、日本ばかりでなく世界に誇ってしかるべきもので、長年の関係者の努力に心から感謝いたします。

 守口市          福岡

 500回記念公演おめでとうございます。ここまで続けるとは、世話役のみなさんのご苦労は大変だったと思います。本当にご苦労様です。これからも1000回目指して続けられる様にお祈りしています。可能な限り、足を運ぶようにいたします。よろしくお願いいたします。

 城東区          河上

 イケメンの三四郎さん、マクラから大笑いさせてもらいました。三風さんの「動物園」、暴走族バージョン面白かったです。文太さんの「熊野詣」、格調高く演じられて良かったです。「大喜利」たっぷり楽しませていただきました。米八さんの「曲独楽」、汗びっしょりの大熱演でしたね。

 スゴイ!桂三枝師匠さすが最高でした!皆さん「アハハハハ」「ワハハハハ」と大笑いの連続でしたよ。お父さんの88歳の誕生日、皆さん共感を覚えられたみたいです。

 東京都          宮崎

 大いに楽しませていただきました。地域が一体となり、芸を大切にしていく事の素晴らしさ、力強さがあり、今回の五百回公演が出来た事に感動しています。一回一回の積み重ねが大きな事になっていくようですね。おめでとうございます。

 中央区          圓山

 田辺寄席500回おめでとうございます。本当に来てよかったと思いました。中身の濃い内容で、笑いっぱなしでした。

 兵庫県          佐野

 500回おめでとうございます。これからもこの場で開催できますよう期待しております。

 天王寺区         指宿

 500回目の公演おめでとうございます。落語の初心者ですが、こちらの寄席で毎回色々な落語に触れさせていただき、楽しませてもらっています。これからも末長く続いて、たくさんの人に落語の楽しさを与える場であり続けて下さい。

 阿倍野区         藤田

 500回記念おめでとうございます。本日は特別公演でいつもとは違う緊張感が少し客席にありますね。やはり、五百回の重みなのでしょうか。それにしても物凄い三四郎さん、三風さんもいつも以上に気合が入っていたような気が…。文福一座の「大喜利」はちょくちょくやってもらいたいですね。米八さんの「独楽」が花を添えてくれました。そして、ついに三枝会長。夢のような一席が実現しました。文太師匠、500回にふさわしい文枝師匠ゆかりの一席。今後とも宜しくお願いいたします。

 東成区          T

 500回本当におめでとうございます。一口に500回と言っても、全て手作業でこれだけ続けこられたのは並大抵のことではないと存じます。これからも600、700、千回と続けて頂きたいと思うのはご苦労を知らぬ者のわがままですが。

 実家が瓢箪山ですので、文福師匠の大喜利を楽しみにして参りました。三枝師匠の落語は、テレビで「ゴルフ夜明け前」で聴いたことがあるだけで、どうしてもバラエティ番組の司会での師匠のイメージが濃いのですが。500回記念にふさわしく豪華なお顔ぶれで、とても楽しませて頂けましたことを光栄に存じます。

 東大阪市         上田

 500回無事迎えられた事お喜び申し上げます。男前の三四郎さんに続き、三風さんの客席参加型の「動物園」、文太さんの「熊野詣」をじっくり。そして文福一門の「大喜利」で腹がよじれる程笑わせて頂き、米八さんの華麗な「曲独楽」、トリの三枝さんの「誕生日」まで、最初から最後まで大いに楽しませて頂きました。

 この田辺寄席に参加出来た事至福の喜びです。これからも田辺寄席の益々の発展を願います。

 東住吉区         釘宮

 500回公演、おめでとうございます。

 毎回楽しい落語と世話人の皆様のあたたかい心づかいに癒されます。今後千回と続けていけるよう応援していきます。

 熊取町          根来

 ○祝500回記念公演!35周年!

 縁あって500回記念公演に小四の娘と参加できて嬉しく思います。娘は三風さんの「動物園」が気に入ったみたいです。ゲラゲラ笑ってました。私事ですが本日6月21日は息子の三歳の誕生日です(ホンマです)。それに父の日ですね。手作りのケーキでトリプルでお祝いしたいです。

 夏至の長い至福の時を、三枝師匠、いつもの文太師匠と文枝一門の方々と一緒に過ごさせて幸せです。特に縁の下の力持ち「世話人会」のみなさん、いありがとうございます。次回1000回記念公演には息子と一緒に来さしてもらいます。三四郎さん私もいつかは「親子酒」「親子茶屋」の世界を夢見てのいつもの田辺通い!

 東住吉区         栗原

 本日は500回を迎えお目出とうございます。両手をあげて拍手をお送り致します!。出し物、趣向をこらした大変面白いものでした。云うまでもなく世話人会一同苦労が実った一区切りだと思います。今後共私達に夢を与えて下さい。応援しています。

 堺市             野網

 500回記念おめでとうございます。記念すべきこの日に立ち会えて本当に幸せに思います。最後まで大笑いして帰りたいと思います。

 岸和田市           K

 むし暑い梅雨に入り、今日も一段とムシムシ、会場も満席で熱気ムンムンでしたね。

 阿倍野区         土屋

 500回おめでとうございます。近所に笑いの殿堂があるのは阿倍野区に住む者として誇りに思っています。それから600〜700回と言わず1000回めざしていきましょう。

 堺市           佐野

 500回おめでとうございます。世話人の方々のご苦労のたまものだと思います。今後もこの地で続けられる事を祈ります。記念の回に三枝さんに来て頂けた事うれしく思います。

 東住吉区         岡田

 三枝さんのお弟子さんらしく、聞き慣れた噺を新作風にアレンジして楽しく聞かせてくれた三風さん、お客さんをのせるのがうまい。文太さんの「熊野詣」は、古典風のしっかりした噺で文枝師匠を思い出させてくれました。三枝さん暑い高座ご苦労様でした。爆笑につぐ爆笑で大受け。文福さん、米八さんも熱演で大変楽しく盛り上がった会でした。

 阿倍野区         吉田

 よかった。

 中央区              順香

 500回記念すごいですね。噺家さんも見るお客さんもすごい熱気です。「大喜利」も「曲独楽」も、生で聞いたのは初めてです。楽しかった。三枝さん暑いのに弱いとか、汗をかきかき大熱演でした。ありがとう。

 浪速区          樽本

 おめでとう500回!アミューズメント。   

 中央区          近藤

 「動物園」、設定が面白かったです。文福一門は個性的、やぱり楽しい。

 阿倍野区         西村

 500回おめでとうございます。この500回記念に出会えた事を感謝しております。

 淀川区          吉本

 祝500回おめでとうございます。感謝。桂文太師匠、スタッフのみなさんおめでとうございます。

 阿倍野区         古澤

 35周年500回開催おめでとうございます。会場等色々な苦労もあると思いますが、末永く続くことを祈っております。

 熊取町          根来

 おもしろかったです。特に「動物園」です。また来たいです。

 東住吉区           竹川 

 500回記念公演おめでとうございます。

 富田林市         藤岡

 とうとう500回記念の会が催されました。本当におめでとうございます。文太さんを核に幾多の落語家の噺をうかがうことができ、喜びにたえません。田辺寄席で知ったので若い落語家さんのファンになりました。ほんの数メートル先で生の声を聞けるのはとても幸せな一時です。この田辺寄席を長い間支えてくださる世話人の方々に改めて感謝しています。田辺寄席が末永く続くようによろしくお願いいたします。第500回の会、寿でした。

 豊中市             奥村

 三四郎さんあわてずゆっくりやりましょう。三風さんマクラからサゲまで大笑いでした。うまく「動物園」をアレンジされています。「熊野詣」、文枝師匠も喜んではるでしょうね。DVDはよう買いませんけれどね。米八さんの「曲独楽」、初めて見させていただきました。米朝師匠は様々なお弟子さんに恵まれていますね。

 会長、暑い熱い田辺寄席にようこそ!池田だけでなく田辺もよろしくお願いします。今日は何でもありの田辺寄席楽しく見させていただきました。

 兵庫県          菊地

 本日ここにめでたく第500回田辺寄席を開催する事が出来たのはマコトに良かった。これからも子々孫々に伝えて永久に続いていって欲しい。いや、続けていかなければならない。ずっと続けていくにはみんなの協力が必要であると思います。

 今月はいつもの「寄合酒」を作成した上に、五郎兵衛師匠の追悼集をも作って下さった。その上、500回記念の特集号を発行するはずだったが時間的に間にあわなかったらしい。楽しみは少し先送りになったが、待っている間に期待が高まるものである。

 住吉区          辻内

 大変いっぱいのお客さんでびっくりしました。ほんとに大盛況で座るところもないくらいで…。とっても楽しませて頂きました。

  北区             近藤

 夫に誘われて初めて伺いました。色々とバラエティに富んで楽しい時間を過ごさせて頂きました。スタッフの皆様、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

 堺市           芥

 500回ってすごいですね。記念すべき回に参加できて、うれしく楽しい気持ちでいっぱいです。参加者は笑ってなんぼのものです。これからもずーっと続けて下さい。今回すごい熱気でした。

 岸和田市         熊野

 500回公演おめでとうございます。今後ますます地域に根ざし、愛される寄席になって下さい。

 住吉区            木村 

 500回記念公演おめでとうございます。先月に引き続いて、抽選会3回連続で当てて頂きラッキーでした。「んなあほな」と「いかめし」と「7月の通し券」。次ははてさて何が当たるか、大いに期待したいところです。願わくば「文太のTシャツ」がええなあ。それにしても500回は大変な熱気の中、本当に大笑い致しました。ありがとうございました。