田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま したが、
09年1月より桂文太さんが演題紹介しています。
2009年 3月     演者・演題目録トップへ
第489回 田辺寄席 3月21日(土) 昼席 午後1時40分開演
  《いちもん会》


一、いらちの愛宕詣り        笑福亭瓶成 (鶴瓶門下)
  いらちの男が、伊勢は七度、熊野は三度………、と神信心に目覚めました。目指したのは愛宕山。無事にお詣りできるのか………。

二、秘伝書               笑福亭由瓶 (鶴瓶門下)
  夜店で、あんなこともこんなこともできるという秘伝書を売っていました。
男がそれを買い、開いて読んでみると………。

三、489号笑呆亭/「猫 定」から   桂 文太 (五代目文枝門下)
  魚屋といっても、実は遊び人の定治郎が猫を助けました。定治郎は、その猫のおかげで、親分と呼ばれるように………、そして………。

(仲入り)

四、笠 碁              笑福亭生喬 (生喬一門)
  囲碁将棋は、夢中になるほど面白いもの。仲の良いヘボ碁の二人が、
一目待ったとか、待たないとかで大喧嘩。そして………。

五、貧乏花見             笑福亭三喬 (三喬一門)
  貧乏長屋の連中、仕事に出そびれたため花見に行くことに。もちろん酒は………、さかなは………、桜宮で花見を始めました………。

※ 開口0番(文太の前ばなし)「む」の巻/「無人島」について 


第490回 田辺寄席 3月21日(土) 夜席 午後6時10分開演
  《いちもん会》


一、 犬の目        桂佐ん吉 (初代吉朝門下)
ある男が目を悪くして、友人に教えられ行ったお医者さんが………。ひょっとしたら御名医?

二、 真田小僧       桂都んぼ (都丸門下)   
子どもが言うには、おとっつあんの留守の間に、知らないおじさんが来て、お母はんと………、続きを聞きたかったら………、その結果は………。

三、490号笑呆亭/「まんじゅう怖い」から  桂 文太 (五代目文枝門下)        
  町内の若い連中が集まってワーワーワーワー………。ある男が「まんじゅうが怖い」と言い出したことからこんな事件に………。

(仲入り)

四、オーサカ・シネマロッケンロール     月亭遊方 (八方門下) 
  遊方さんは、実際に映画に出、大阪のあっちこっちでロケをしたら、大阪の人はロケを取り囲み口出しをしてくる。それを噺にまとめたそうだ………。

五、抜け雀         桂 米輔 (米朝門下)
  ある宿屋に泊まった男が、酒ばっかり飲んでいる。宿屋の主人がたまりかねて宿賃を請求したところ………、そして男が衝立に雀の絵を描いたことから………。


※ 開口0番(文太の前ばなし)「め」の巻/「メリハリ」について


第491回 田辺寄席 3月22日(日) 昼席 午後1時10分開演
  《いちもん会》


一、道標             桂 三幸 (三枝門下)
 三幸さんが仲の良い作家さんと一緒にこしらえた擬古典。丁稚の定吉は、番頭さんに言われた目的地に無事たどりついたのか………。

二、浮世床            桂 文鹿(文福門下)
  一昔前の床屋さんは人寄り場所。そこには変な奴が一杯………。「おやっさん、その本を声を出して読んでくれ」ということから………。

三、491号笑呆亭/「天神山」から   桂 文太 (五代目文枝門下)
  へんちきの源助が女房をもろたことから、隣の胴乱の安兵衛も………。ところが二人がもらった嫁はんは………。

(仲入り)

四、和歌山弁落語「同窓会」      桂枝曾丸(五代目文枝門下)
  和歌山弁落語は9作ほど作ったそうで、このネタは、昨年地元の独演会で演じ、爆笑を取ったそうだ………。どんな同窓会が描かれるのか………。

五、井戸の茶碗             桂 枝光(五代目文枝門下)
上にバカがつくほどの正直な紙屑屋さんが、貧乏長屋で、年老いた浪人者から仏像を買ったことから、この噺は始まる………。登場人物がすべて正直者、まっすぐな人間がうれしい。そして結末は………。

※ 開口0番(文太の前ばなし)「も」の巻/「モーレツ」について 




© 2002〜 田辺寄席世話人会