田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま したが、
09年1月より桂文太さんが演題紹介しています。
2009年 4月     演者・演題目録トップへ
第492回 田辺寄席 4月18日(土) 昼席 午後1時40分開演
  《いちもん会》

一、明石飛脚        桂ちょうば (ざこば門下)
  手紙を託された男が、一路明石へ明石へ。さて無事に明石にたどりつけるのか………?噺の中に使われるお囃子は「韋駄天」。

二、元 犬          桂 雀喜 (雀三郎門下)
  天神さんの境内に住みついた白犬が、人間になりたいものだと………。さて人間になれるのか………。そして幸せになれるのか………。

三、492号笑呆亭/「八五郎出世」から   桂 文太 (五代目文枝門下)
  八五郎の妹おつるが、お殿様の目に止まり側室になった。そしてお世継ぎを産んだから大変………。さて八五郎は出世するのか………。

(仲入り)

四、一文笛          桂 米左 (米朝門下)
  スリにスリ気質というようなものがあった時代の噺。米朝師匠作。さて一文笛からどう噺が展開する………。

五、胴乱の幸助       桂雀三郎 (雀三郎一門)
  胴乱の幸助とあだ名される炭屋のおやっさん、唯一の道楽が………。ひょんなことから京都へ行くことになります。さてどういうことになりますやら………。

※ 開口0番(文太の前ばなし)「や」の巻/「藪医者」について 



第493回 田辺寄席 4月18日(土) 夜席 午後6時10分開演
  《いちもん会》


一、 結婚の申込み       桂 三弥 (三枝門下)
結婚願望のあるアラフォーの男が巻き起こす騒動………。さて無事に結婚相手が見つけられる?

二、 紙入れ            桂三若 (三枝門下)   
新吉が、日頃世話になっている旦那の奥さんと………。ある晩………。さて………?

三、493号笑呆亭/「七度狐」から  桂 文太 (五代目文枝門下)
  お伊勢参りに出かけた喜六清八の二人、すり鉢を田んぼの中に投げたことから………。さてすり鉢が当たったのは………?

(仲入り)

四、芋 俵             桂つく枝 (五代目文枝門下)
  泥棒と一口に言ってもいろんなやり方がありますが、彼等が考え出したのが………。さて成功する………?

五、はてなの茶碗        桂 文也 (五代目文枝門下)
  油屋さんが茶店に腰を下ろしお茶を飲んでいると、隣に坐ってお茶を飲んでいたのが茶道具屋の金兵衛さん、人呼んで茶金さん。一個の茶碗の運命は………。

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ゆ」の巻/「雪女」について


第494回 田辺寄席 4月19日(日) 昼席 午後1時10分開演
  《いちもん会》


一、江戸荒物             笑福亭呂竹 (呂鶴門下)
 落語は商売の難しさを教えてくれます。この男が思いついた商売が江戸荒物。さて商売繁盛となりますか………。

二、時うどん             笑福亭喬若(三喬門下)
  同じ趣向の噺でも上方はうどん、江戸はそばと食べ物が変わります。さてあくる日に行った男、成功するのか………。

三、494号笑呆亭/「へっつい盗人」から   桂 文太 (五代目文枝門下)
  祝いなら買うたらええんですが、そこは落語の登場人物、こんな方法で盗むことに………。さて成功する………?

(仲入り)

四、竹の水仙            笑福亭遊喬(松喬門下)
  ある宿屋に泊まった男が酒ばっかり飲んでいる。宿賃を催促すると………。その男がこしらえたのが竹の水仙、さて高く売れるのか………。

五、崇徳院             笑福亭竹林(六代目松鶴門下)
手伝いの熊はん、母屋の親旦那に呼ばれているというので行ってみると、若旦那が………。えらい探し物を頼まれてしまった。さて無事に探し出すことできるのか………。

※ 開口0番(文太の前ばなし)「よ」の巻/「寄席」について 



© 2002〜 田辺寄席世話人会