田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま したが、
09年1月より桂文太さんが演題紹介しています。
2009年 5月     演者・演題目録トップへ
第495回 田辺寄席 5月16日(土) 昼席 午後1時40分開演
  《いちもん会》


一、黄金の大黒        桂雀五郎 (雀三郎門下)
  長屋の子供達が砂なぶりをしていたら、黄金の大黒さんが出てきたから大変………。長屋の連中は祝いやというので家主さんのところへ………。さて口上がうまく言えるか?

二、お玉牛          桂まん我 (文我門下)
  村の若い衆が集まると、村一番の別嬪、お玉ちゃんの話………。ある男が今晩お玉ちゃんの所へ………。さて行ってみると、そこに寝ていたのは?

三、495号笑呆亭/「ないもん買い」から   桂 文太 (五代目文枝門下)
  金のない二人の男、始めた遊びが「ないもん買い」………。一人の男が面白くやるので、もう一人の男が「わいにもやらして」、さてうまくいくか?

(仲入り)

四、お神酒徳利       月亭八天 (八方門下)
  ひょんなことから、占いが当たると思われた男………。評判を聞きつけた人から、あれやこれやと頼まれる。あげくの果てに……。さてどう乗りきるか?

五、鹿政談          桂 小米 (米朝門下)
  奈良は三条通り、豆腐屋の六兵衛さん。朝、仕事をしていると、大きな犬が表のおからを食べているので、割り木を投げたところ………。これが………。さてお奉行さんはどうお裁きになるか?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ら」の巻/「落語」について 



第496回 田辺寄席 5月16日(土) 夜席 午後6時10分開演
  《いちもん会》


一、 ちりとてちん         笑福亭鉄瓶 (鶴瓶門下)
男は出入りの旦さんの家で、旦さんの誕生日を祝っている。二人は裏の竹さんの話に………。「ちょっといたずらしようか」、さて竹さんが食べさせられたものは?

二、 米揚げ笊           笑福亭右喬 (松喬門下)
男はいかきの売り子になった。つまり笊をかついで、町中を売って歩くのだ………。やってきたのが堂島………。さて最後まで「のぼる、あがる」でいけるか?

三、496号笑呆亭/「胴斬り」から  桂 文太 (五代目文枝門下)
  平和だった大坂の町も、幕末の頃になると、あちらこちらで辻斬り、試し斬り………。ある男が風呂帰りにこんな目に………。ところがそこは落語のこと………。さて血肉を分けた兄弟の運命は?

(仲入り)

四、寝 床             笑福亭鶴二 (六代目松鶴門下)
  家主さんのところから使いがくる。今晩旦さんの浄瑠璃の会があるからすぐに来いという………。みながあれこれ理由をつけて………。ところが例によって………。さて長屋の連中は無事に帰還できるか?

五、人形買い           笑福亭仁嬌 (仁鶴門下)
  二人の男が長屋を代表して、人形を買いに行く………。祝いに贈るので、どんな人形を買えばよいのか難しい。できたら預かった費用から………。さて二人は良い人形を買えるか?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「り」の巻/「龍宮界龍都」について



第497回 田辺寄席 5月17日(日) 昼席 午後1時10分開演
  《いちもん会》


一、にぎやか寿司(桂三枝作)    桂 三段 (三枝門下)
  男は寿司屋に入った。「へい、いらっしゃい、何しまひょう」、とおやっさんは口は達者だが………。その腕前は………。さて男はおいしいお寿司を食べられるか?

二、おかんと私の品定め     桂 三扇(三枝門下)
  お父さんを亡くした息子が、お母さんの再婚相手を「ああでもない、こうでもない」と探します………。さてお母さんも納得し、子供も納得するそんな相手が見つかるか?

三、497号笑呆亭/「らくだ」から   桂 文太 (五代目文枝門下)
  裏長屋にらくだという男が居た。もちろん本名ではない。体が大きく、何か怖そうなので、そう仇名されていた。ある日、友達の熊五郎が訪ねると………。さて紙屑屋の運命は………?

(仲入り)

四、大安売り            桂 珍念(文珍門下)
  二人の男が往来でお相撲さんに会う。一人の男が良く知っているというので声を掛ける。お相撲さんは「ごっつおさんです」……。聞いてみると巡業に……。さてお相撲さんの星取りは………?

五、植木屋娘           桂枝女太(五代目文枝門下)
お寺の門前に植木屋があった。主の名前は幸右衛門。嫁はんと一人娘のお光の三人家内。そこに現れたのがお寺の伝吉さん………。幸右衛門の考えたのが………。さて伝吉とお光は結ばれるか?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「る」の巻/「類聚集覧」について 





© 2002〜 田辺寄席世話人会