田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま したが、
09年1月より桂文太さんが演題紹介しています。
2009年 7月     演者・演題目録トップへ

第501回 田辺寄席 7月18日(土) 昼席 午後1時40分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー桂福楽の段》


一、子ほめ        桂 福丸 (福団治門下)
  ある男、人に酒を飲ましてもらおうと思うなら、べんちゃらをするようにと言われるが………。さてこの男、子供をほめて一杯飲めるか?

二、太鼓腹        桂 福楽 (福団治門下)
  若旦那があるものに凝ってしまった。何とか試してみたい………。お座敷に呼ばれたのが幇間の繁八。さて、繁八の運命は………。

三、501号笑呆亭/「千亀利屋騒動」から   桂 文太 (五代目文枝門下)
  ある日、千亀利屋の主が、易者の幽斎に人相を観てもらったところ………。驚くことを言われてしまった。それがために大騒動………。さてその結末は?

(仲入り)

四、山内一豊      旭堂南海 (三代目南陵門下)
  山内一豊は、妻のおかげで大出世………。その妻の名は………?「講釈師見てきたようなうそをつき」。さてどんなうそをついてもらえるのか?

五、死 神         桂 福楽 (福団治門下)
  死のうとした男を助けたのが………。やれと言われた商売が………。男は大金持ちに………。ところが………。さて男が最後に連れて行かれたのが………。

※ 開口0番(文太の前ばなし)「イ」の巻/「石段」について 

第502回 田辺寄席 7月18日(土) 夜席 午後6時10分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー桂九雀の段》


一、 ろくろっ首           桂さん都 (都丸門下)
ある男が美人で金持ちのお嬢さんのところに養子に行くことに………。ところが、このお嬢さんには驚く秘密が………。さて、そのお嬢さんの秘密とは?

二、 あくびの稽古         桂 九雀 (二代目枝雀門下)
ある男が友達に付き合ってくれと誘われたのが、何とあくびの稽古………。さてついて行ってみると「あーあーあー」………。

三、502号笑呆亭/「祝いのし」から  桂 文太 (五代目文枝門下)
  男が腹をすかして家に帰ったが、何にもないという………。そこで嫁はんが考え出した計略が………。さて男は飯にありつけるか?

(仲入り)

四、雷電の初相撲         旭堂南青 (南左衛門門下)   
  相撲取りでも大きいと言われたのが釈迦ケ嶽、九紋竜………。強いと言われたのがこの雷電………。「講釈師うそを扇で叩き出し」。さて、どんなうそを叩き出してくれるのか?

五、青 菜              桂 九雀 (二代目枝雀門下)
  植木屋さんが帰ろうとすると、旦那に呼び止められ、鯉のあらいで柳影をいただくことに………。旦那が青菜というと………。面白いと植木屋さん、家に帰って………。さて同じようにうまくできる………。

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ロ」の巻/「六代目松鶴」について



第503回 田辺寄席 7月19日(日) 昼席 午後1時10分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー桂枝三郎の段》


一、金明竹         桂阿か枝 (五代目文枝門下)
  旦さんが、丁稚定吉に用事をさしても、ちょっともうまくできない………。そんなところに入ってきたのが………。さて、この口上、意味がわかる………。

二、羽 織         桂枝三郎(三枝門下)
 遊びに行こうと思うが着流しでは………。なんとか羽織をと考えるが………。そこで思いついたのが………。さて、うまく羽織を段取りできるか………。

三、503号笑呆亭/「六尺棒」から   桂 文太 (五代目文枝門下)
  息子が夜遅く帰ると、親父さんが怒って表を………。そこで思いついたのが………。さて、立場が逆転してみると………。
   
(仲入り)

四、「太閤記」より天王山のとり槍   旭堂南北(三代目南陵門下)
  「冬は義士、夏はお化けで飯を食い」……。中には、「太閤記」を1年かけ読んでおられた先生もあったそうだ。さてこのネタは何月何日頃になる………。しまった、聞いとけばよかった!!

五、天神祭        桂枝三郎(三枝門下)
  天神祭の日に、大石内蔵之助と吉良上野介が知らずに船渡御で出会い、お互いに大阪締めをやったりして友達になってしまう………。さて、どういうことになりますやら………。

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ハ」の巻/「ハメもの」について 



© 2002〜 田辺寄席世話人会