田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま したが、
09年1月より桂文太さんが演題紹介しています。
2009年 10月     演者・演題目録トップへ

第510回 田辺寄席10月17日(土) 昼席 午後1時40分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー桂枝女太の段》


一、十 徳        桂ぽんぽ娘 (文福門下)
  ものの由来を知ると、人に教えたいもの。アホが十徳の由来を聞き、十徳を着て表へ飛び出しました………。さてうまくいくか?

二、四人癖        桂枝女太 (五代目文枝門下)
  なくて七癖、あって四十八癖。癖のある4人の友達が偶然集まりました………。お互い癖をやめようと………。さて癖が直るか?

三、510号笑呆亭/「竜宮界龍都」から   桂 文太 (五代目文枝門下)
  小倉船の船中………。男が財布を海の中に落としてしまいました。ギヤマンでできたフラスコに入り………。着いた所が………。さて男は落とした財布を拾って無事に戻れるか?

(仲入り)

四、福さずけ(小佐田定雄作)    桂 文華 (五代目文枝門下)
  福の神が貧乏長屋に福をさずけにやってきた。ところが、おばあさんは宿替えをしていて違う住人が………。福をさずけるという段になって………。さて福の神は、福をさずけることができるか?

五、ピッカピカの一年生(桂三枝作)   桂枝女太(五代目文枝門下)
  人間ものごとを始めるのに、遅いことはないといいます………。あるお父さん、子供達を集めて一大決心………。さて、この噺のピッカピカの一年生とは?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「リ」の巻/「林間田園都市」 



第511回 田辺寄席10月17日(土) 夜席 午後6時10分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー笑福亭鶴志の段》


一、 こんにゃく問答       笑福亭笑助 (笑瓶門下)
ある男がこんにゃく屋のおやっさんに紹介され、ついた仕事が寺の住職………。ある日やってきたのが修業中の雲水………。さて、男とこんにゃく屋のおやっさんは、この危機をどう乗り越えるか?

二、 三年酒        笑福亭鶴志(六代目松鶴門下)
男は酒を飲んだ晩にポックリ………。本人の遺言で亡き骸は土葬に………。ところが………。さてこの騒動の結末は?

三、511号笑呆亭/「抜け蟹」から  桂 文太 (五代目文枝門下)
 東海道は坂ノ下宿上田屋に泊った男………。朝に一升、昼に一升、晩に一升、日に三升の酒を飲んで七日泊った………。さて宿屋の主が酒代を催促すると………?

(仲入り)

四、馬の田楽       笑福亭達瓶(鶴瓶門下)
  店屋さんの前、味噌樽を積んだ馬をつないで馬方さんが店の中へ………。近くの悪がき共が集まってきたから大変………。さて、つながれた馬の運命は………?

五、一人酒盛       笑福亭鶴志(六代目松鶴門下)
  酒好きな男、ええ酒を五合ばかりもらった………。一人で飲むのも面白くない………。そこに呼ばれたのが………。さてどんな酒盛りに……?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ヌ」の巻/「盗人」



第512回 田辺寄席10月18日(日) 昼席 午後1時10分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー桂都丸の段》


一、つ る         桂とま都 (都丸門下)
  甚兵衛はんの家に男が飛び込んできた………。「鶴は日本の明鳥でっか?」 甚兵衛はんは鶴の由来を………。さて男は、聞いた話をうまく友達に話せるか………?

二、 鯛          桂 都丸(都丸一門)
  居酒屋の生け簀の中の話。人間が生け簀の中の魚を見ている以上に、生け簀の中の魚たちは人間を観察しています………。そこへやってきたのが一匹の鯛………。さて、どんな話が展開されるか……。

三、512号笑呆亭/<贋作芝居噺>「瑠璃壷名誉早駆」から
桂 文太 (五代目文枝門下)
 芝居の幕が開いた。客席に入ってきたのが、田舎風の二人………。始まったお芝居は「瑠璃壷名誉早駆」………。さてどういう大騒動が起こることやら………。

(仲入り)

四、つぼ算        桂 米平(米朝門下)
  徳さんは、友達に買い物がうまいからと言われ、水壷を買いに瀬戸物町へ………。友達は徳さんが頼り………。さて、徳さんはどんな方法で水壷を安く買うか………。

五、質屋蔵        桂 都丸(都丸一門)
  てったいの熊さんはある日、出入りの質屋さんから呼び出され………。そこで熊さんは謝ったが………。熊さんを呼び出した理由とは………。さて、無事に用事を果たせるか………。

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ル」の巻/「ルリイロセンチコガネ」 



© 2002〜 田辺寄席世話人会