田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま したが、
09年1月より桂文太さんが演題紹介しています。
2010年 7月     演者・演題目録トップへ
第537回 田辺寄席 7月17日(土) 昼席 午後1時40分開演 
  《新・じっくりたっぷりの会ー桂三象の段》


一、つる        桂さろめ (あやめ門下)
 ある男が散髪屋に行くと、鶴の絵が……。誰かが、「鶴は日本の名鳥やで」と言ったことからこの噺が………。で、鶴は日本の名鳥……?

二、代 参(桂三枝作)      桂 三象(三枝門下)
 現在、いろんな代行業があります。ある男が、代参業を始めました。ところが初心者なので、仕事がうまくいきません。さてどうする……?

三、537号笑呆亭/「まんじゅう怖い」から   
桂 文太 (五代目文枝門下)
 町内の若い連中が集って、ああでもない、こうでもないと話を始めます……。ある男が、怖いと言い出したのが………。さて、そこで………?

(仲入り)

四、丑三つタクシー       桂かい枝 (五代目文枝門下)
 タクシーは、運転手さんの対応一つで、お客さんの気分は違うもの……。あるタクシーにお客さんが……。さて、運転手さんとお客さんの会話は弾む……?

五、鯛(桂三枝作)        桂 三象(三枝門下)
 ある生け簀の中の話………。ギンギロという鯛が主。そこへロクという鯛が………。いろんなお客さんがやって来ます……。さて、ロクの運命は………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ア」の巻
※        /「明日は明日の風が吹く」 

第538回 田辺寄席 7月17日(土) 夜席 午後6時10分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー月亭遊方の段


一、 十徳        桂そうば (ざこば門下)
ある男が甚兵衛さんのところへ………。いろんな話をしている内に、ふと気が付いたのが、甚兵衛さんが着ている…?さて、それから男は………?

二、 うなぎ屋        月亭遊方(八方門下)    
男は友達に一杯飲みに行こうと誘われた………。しかもうなぎで………。ところが………。さて、男は首尾よくうなぎで一杯飲める………?

三、538号笑呆亭/「袈裟茶屋」から   
桂 文太 (五代目文枝門下)       
 源やんが、町内の若い連中を集めた。話を聞いてみると………。それやったら、わしらも負けてられんと……。思いついたのが………。さて、町内の若い連中は、どんな趣向で松島へ………行く………?

(仲入り)

四、幽霊の辻(小佐田定雄作)   月亭八光(八方門下)
 ある男、手紙を届けてくれと頼まれる……。承知をして表へ……。ところが、そこへ行くのには、アット驚く所を通らないと………。さて男は、無事に手紙を届けられるか……?

五、隣人(メイバーズ)       月亭遊方(八方門下)
 近所のつきあいが希薄になっている現在、心配をしすぎる、この落語の主人公のような男がいても、不思議ではありません………。さて、隣の人はどんな人………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「サ」の巻/「さくらんぼ」


第539回 田辺寄席 7月18日(日) 昼席 午後1時10分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー笑福亭三喬の段》


一、播州巡り       森乃石松(福郎門下)
 喜六と清八の二人、讃岐の金毘羅さんへお参りしての帰り道、出てきよったんが播州………。二人は播州の名所、古蹟を廻ります………。さて、二人は無事に大阪へ戻ってこれる………?

二、家見舞い       笑福亭三喬(三喬一門)
 知人が宿替えをしました。二人は祝いに何かしたいのですが、お金がありません。そこで………。ところが………。さて、二人は何を持って行き、どんな目にあったのか……?

三、539号笑呆亭/「船弁慶」から    
桂 文太 (五代目文枝門下)
 いたって恐妻家の喜いさん、今日も清やんが家に来たところ………。うまくごまかして表へ………。さて喜いさんは楽しく舟遊びができるか………?

(仲入り)

四、首の仕替え    笑福亭風喬(松喬門下)
 男は、女性にもてる方法はないかと、甚兵衛さんに尋ねた………。すると甚兵衛さんは………。そこで男は………。さて、男は女性にもてるようになるか………?

五、三十石夢の通い路    笑福亭三喬(三喬一門)   
 京見物をすませた喜六と清八の二人。いよいよ大阪へ戻ろうと伏見の浜へ………。そして三十石に乗り込みます………。さて、どんな事件が喜六、清八に起こる………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「キ」の巻
※             /「キリマンジャロ」 



© 2002〜 田辺寄席世話人会