田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま したが、
09年1月より桂文太さんが演題紹介しています。
2010年 8月    演者・演題目録トップへ
< 田辺寄席葉月席のご案内 >
 
第540回 田辺寄席 8月21日(土)昼席 午後1時10分開演 
    ※今回のみ開演時間を変更しています。ご注意下さい。
《新・じっくりたっぷりの会−笑福亭鶴二の段》
                       
一、道具屋    笑福亭笑助(笑瓶門下)
ちょっと頼りない男が、おっさんの代わりに行くことになった商売が、夜店出
しの道具屋………。売り物はたくさんにありますが………。さて、商売はうま
くいく?

二、七段目    笑福亭鶴二 (六代目松鶴門下) 
 ある大家の若旦那、芝居道楽………。何かきっかけがあるとすぐに芝居の
まねごとを………。とうとう家の2階に………。そこへ丁稚の定吉が………。
さて、2人で始めたお芝居は………?

三、540号笑呆亭/「五両残し」から   桂 文太(五代目文枝門下)
 十一屋の旦さんには、お花という若いおてかけさんが………。ある日、旦那
がお花のとこにやってきて、話したことが………。そこで………。さて、四ツ橋
に行った2人に起こった事件とは………?

(仲入り)

四、勘定板    笑福亭仁昇(仁鶴門下)    
 日本橋のある宿屋に田舎風の親子が泊まった………。親父さんが顔色の
悪い倅に聞くと………。倅が言ったのが………。さて、倅は何をしたいと言い
出したのか………?

五、替り目    笑福亭鶴二 (六代目松鶴門下)
 亭主は酒に酔って帰ってきた………。まだ飲みたいと言う………。そこで
奥さんは………。亭主はぐずぐずぐずぐず喋り出す………。さて、亭主は奥
さんに何を聞かれてしまう………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ユ」の巻「幽霊」


第541回 田辺寄席 8月21日(土)夜席 午後5時30分開演 
    ※今回のみ開演時間を変更しています。ご注意下さい。
《新・じっくりたっぷりの会―桂文昇の段》 

                  
一、初 恋(桂三枝作)    桂 三段(三枝門下)
 学校で、島崎藤村の「初恋」を暗誦するようにと、山田君は言われますが
………。夜、山田君は先生の家を訪ねたところ、先生は………。そこで山田
君は………。さて、恋のアドバイスはうまくいくか………?

二、悋気の独楽    桂 小枝(五代目文枝門下)
 旦さんのお帰りが遅いので、ご寮さんはお店へ………。そこで………。お
なごしのお竹と………。一方、旦さんは………。さて、ご寮さんとおてかけさ
んの間に立った丁稚の定吉の運命は………?

三、541号笑呆亭/「鹿政談」から    桂 文昇(五代目文枝門下)
 奈良は三条通り、豆腐屋の六兵衛さんは正直者………。ある朝、表でごと
ごと音がしている。見ると大きな犬………。そこで………。ところがこれが…
……。さて、六兵衛さんを裁くのは………? 

(仲入り)

四、延陽伯    桂 文太(五代目文枝門下)       
 やもめの喜いさんが、甚兵衛はんの世話で、嫁はんをもらうことになった。
ところがこの嫁はん………?そして………。さて、喜いさん、幸せな新婚生
活を迎えられるか………?

五、皿屋敷    桂 文昇(五代目文枝門下)
 伊勢詣りに出かけた男、旅先で皿屋敷のことを聞かれ、答えられなかった
………。そこで、物知りのおやっさんのところへ………。おやっさんの話は
………。さて、話を聞いた若い連中のとった行動は………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「メ」の巻/「メンコ」


第542回 田辺寄席 8月22日(日)昼席 午後1時10分開演 
  《新・じっくりたっぷりの会―林家うさぎの段》


一、子ほめ        林家卯三郎(染丸門下)
 人をほめるのは難しい………。べんちゃらをしたら、てんぷらで一杯飲まし
てもらえると聞いた男………。ところが………。さて、竹やんの赤ん坊をほめ
ようと………。うまくいくか………?

二、へっつい盗人    林家うさぎ(染丸門下)
 友達の竹やんが宿替えした。2人の男は宿替えの祝いを贈りたいが金がな
い。そこで思いついたのが………。2人は竹やんに宿替えの祝いを無事にで
きるか………?

三、542号笑呆亭/「天王寺詣り」から    桂 文太(五代目文枝門下)
 男が可愛がっていた犬のクロが死んだ。そこで、天王寺さんに引導鐘をつき
に行くことにした………。天王寺さんに来てみると、たくさんの店が出ている…
……。さて、男はちゃんと引導鐘をつくことができるか………?

(仲入り)

四、あくびの稽古    林家花丸(染丸門下)
 男は稽古に行くから付いてきてくれと、また誘われた………。今迄にも、いろ
んな稽古に付き合っている。今日付き合ってくれと言われた稽古は………。さ
て、どんな稽古に付き合ってくれと言われたのか………?

五、腕食い       林家うさぎ(染丸門下)
 極道をし尽くした若旦那が、家へ戻ってきた………。そんな若旦那に養子の
口が………。ところが、相手のお嬢さんが………。若旦那、養子に………。さ
て、その夜、お嬢さんが始めたこととは………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ミ」の巻/「御手洗団子」




© 2002〜 田辺寄席世話人会