田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま したが、
09年1月より桂文太さんが演題紹介しています。
2010年 9月     演者・演題目録トップへ
第543回 田辺寄席 9月18日(土) 昼席 午後1時40分開演 
  《新・じっくりたっぷりの会ー桂枝曾丸の段》


一、千秋楽        桂 三幸 (三枝門下)
 相撲取りになりたいと言っている息子……。父親は、「お前は絶対に優
勝できないからやめろ」と言う………。「優勝したら、お前は困るから」…
……。さて、どんなことで困るのか……?

二、<和歌山弁落語> 入院上々    桂枝曾丸(五代目文枝門下)
 中年のおばちゃん、近所の奥さんが入院………。お見舞いに行き、励
ますつもりが反対に………。さて、どんなお見舞いになるか……?

三、543号笑呆亭/「天狗裁き」から   桂 春若 (春團治門下)
 誰でも寝ている間に夢を見るんやそうですが、ただ、それを覚えている
かどうか……。嫁さんが婿さんを起こしたところから、この噺は始まります
………。さて、婿さんはどんな夢を見てたんでしょうか………?

(仲入り)

四、足上り        桂 文太 (五代目文枝門下)
 丁稚の定吉とん、番頭はんと芝居見物に……。観たお芝居は……。と
ころが、お店へ戻ると………。さて、番頭はんの運命は……?

五、ねずみ        桂枝曾丸(五代目文枝門下)
 左甚五郎、やってきたのは、東北は仙台………。子供に呼び止められて
行ったのが、ねずみ屋………。話を聞くと……。さて、甚五郎は何を彫り、
ねずみ屋はどうなったか………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「シ」の巻/「死神」について 

第544回 田辺寄席 9月18日(土) 夜席 午後6時10分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー月亭八天の段》


一、 強 情        桂吉の丞 (初代吉朝門下)
辰さんは、ある人からお金を借りた。返しに行くと………。ところが2人と
も強情………。そこで………。さて辰さん、お金を返せるのか………?

二、 壷 算        月亭八天(八天一門)    
男は買物がうまいという徳さんに付き合ってもらい、瀬戸物町に水壷を買
いに行った………。徳さんの言うのには、「買物には上手下手がある」。さ
て、徳さんのアッと驚く水壷の買い方とは………?

三、544号笑呆亭/「軒付け」から   笑福亭松枝 (松枝一門)       
 男は浄瑠璃の稽古を始めたという………。町内の浄瑠璃好きが軒付けに行く
という……。一緒に連れて行ってもらうことになったが………。さて、男は気持ち
よく浄瑠璃を語れるか………?

(仲入り)

四、明 烏        桂 文太(五代目文枝門下)
 船場は井筒屋の若旦那時次郎、今年十九、来年二十やというのに、新町の大
門がどっちを向いているか知らないという……。心配したおとっつあんが……。
さて、源兵衛と清八に連れて行かれた若旦那さんは……?

五、茶の湯        月亭八天(八天一門)
 ご隠居はんが丁稚の定吉を相手に茶の湯を始めた………。そしてその被害は
………。ある日向うから………。さて、そのお客の運命は………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ゑ」の巻/「映画」


第545回 田辺寄席 9月19日(日) 昼席 午後1時10分開演
  《新・じっくりたっぷりの会ー笑福亭恭瓶の段》


一、牛ほめ       笑福亭生寿(生喬門下)
 ちょっと足りない男、牛のええのは、「天角地眼一黒鹿頭耳小歯違」と教え
てもらった。やってきたのが、池田のおっさんの所………。さて、うまく牛をほ
めて小遣いをもらえるか………?

二、何考えとんね(桂三枝作)       笑福亭恭瓶(鶴瓶門下)
 どこの親も子供のことが心配です。年頃の娘となると、男親から見れば、ど
う接してよいのかわかりません。さて、子供たちは一体何を考えているので
しょうか……?

三、545号笑呆亭/「宿屋仇」から    桂 米輔 (米輔一門)
 兵庫の三人連れが、日本橋の宿屋に泊まりました。ところが、隣の部屋に泊
まったのがお侍。くれぐれも静かにしてくれと言う。さてお侍、朝まで静かにぐ
っすり眠ることができたでしょうか………?

(仲入り)

四、鷺取り       桂 文太(五代目文枝門下)
 男はいろいろと考え鳥を捕ろうとしたが、うまく捕れなかった。それやったら
と教えられたのが、円頓寺の池におりる鷺………。さて、男は鷺を捕ることが
できるか………?

五、宮戸川    笑福亭恭瓶(鶴瓶門下)   
 半ちゃんは家を閉め出された。お花ちゃんも家を閉め出された………。二人
で行ったのが、半ちゃんのおじさんの所………。さて、二人の運命は………?
※ 開口0番(文太の前ばなし)「ヒ」の巻/「東の旅」 



© 2002〜 田辺寄席世話人会