田辺寄席では「田辺寄席ニュース『寄合酒』」にて演者・演題を知 らせています。
  06年3月までは桂文太師匠のコメント付きでしたが、06年4月 からは、それぞれの演者のその「ネタへの想い」を語ってもらっていま したが、
09年1月より桂文太さんが演題紹介しています。
2010年 12月     演者・演題目録トップへ

 第552回 田辺寄席 12月18日(土)昼席 
午後1時40分開演 
《昭和46年入門組、じっくりがっぷりの会−桂春駒の段》


一、月並丁稚    桂 福丸(福團治門下)
  丁稚の定吉とん、旦さんに用事を………。ところが口上を………。さて先方に着いた定吉とん、この窮地をどう切り抜けるか………?

二、時うどん    桂 春駒 (春團治門下) 
  ひやかし帰りの清八と喜六、小腹が空いたが、あいにくお金が………。さて清やんが考えた計略は………?

三、552号笑呆亭/「淀五郎」から  桂雀三郎(雀三郎一門)
 歌舞伎役者の三升淀五郎に判官の役がついた………。淀五郎は大喜び………。ところが由良助役の尾上多見蔵が………。さて何が起こったか………?

   <仲入り>

四、死 神    桂 文太(五代目文枝門下)
  男はお金が出来ないので、嫁はんに家を放り出された。と、男の前に現れたのが………。さて男の運命は………?

五、骨つり      桂 春駒 (春團治門下)
  たいこ持ちの繁八、旦さんのお伴で釣りに………。そこで………。夜になると………。さて、隣に住んでいる男は………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ア」の巻/「明石」


第553回 田辺寄席 12月18日(土)夜席 
午後6時10分開演 
《昭和46年入門組、じっくりがっぷりの会―桂雀三郎の段》


一、初天神    桂雀五郎(雀三郎門下)
  おやっさんは、嫁さんに文句を言われながらも出かけようと………。そこへ悪ガキの寅ちゃんが……。一緒に連れて行けと言う………。さてどうなるか………?

二、G&G(小佐田定雄作)  桂雀三郎(雀三郎一門)
  そこそこのお年のお父さん方が集まってロックバンドを………。さて、どんな歌が歌われるか………?

三、553号笑呆亭/「十三の渡し綺談」から 
桂 文太(五代目文枝門下)  
  小間物屋の甚兵衛さんが、十三の渡し終い舟に乗ろうと………。するとどこかの………。それが………。さて、甚兵衛さんの運命は………? 

<仲入り>

四、お忘れ物承り所(桂三枝作)    桂 春駒 (春團治門下)
 お忘れ物承り所に、次から次と物を忘れたと………。ところが係りの人も………。さて、しっかりしているあの人も………?

五、二番煎じ    桂雀三郎(雀三郎一門)
  町内の連中が番小屋に集まって、火の用心に………。ところが寒い晩のこと………。今日もその会が………。さて、番小屋で何が始まるか………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「イ」の巻/「一番太鼓」


第554回 田辺寄席 12月19日(日)昼席
 午後1時10分開演 
 《昭和46年入門組、じっくりがっぷりの会―笑福亭仁智の段》


一、動物園   笑福亭智六(仁智門下)
  男が紹介された仕事というのが………。男は現場へ………。さて、あっと驚くこととは………?

二、めざせ甲子園    笑福亭仁智(仁智一門)
  何とか甲子園球場に出場したいと思っている高校の野球部の監督………さて、どんな選手が集まっているか………?

三、554号笑呆亭/「持参金」から   桂 春駒 (春團治門下)  
  男が家で寝ていると………。やって来たのが旦那………。次にやって来たのが………。さて、この嫁はんというのが………?

<仲入り>

四、江戸荒物    桂 文太(五代目文枝門下)
 男は商売を始めた。とにかく江戸っ子でやろうと思うが………。なかなかうまくいかない………。さて、どんなお客さんが次から次に来るか………?

五、多事争論    笑福亭仁智(仁智一門)
  ご主人は大阪人、奥さんは東京人、いろんなことで争いごとが………。さて、目玉焼きはどちらに軍配が上がるか………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「ウ」の巻/「浮世根問」について


第555回 田辺寄席 12月19日(日)夜席 
午後5時開演 
 《昭和46年入門組、じっくりがっぷりの会―桂文太の段》


一、セールスウーマン   桂さろめ(あやめ門下)
  若い女の子がセールスウーマンに………。売るのが化粧品………。先輩にあれこれ教えてもらうが………。さて、そこへやって来たのが………?

二、百人坊主    桂 文太(五代目文枝門下)
  町内の男連中、今年は総勢17人で山上詣りに………。ところが気になるのが、毎年のように起る喧嘩………。そこで………。さて今年は無事にお山をすませられるか………?

三、555号笑呆亭/「神様のご臨終」(桂三枝作から)
   桂 春駒 (春團治門下)  
  男が寝ていると、誰からか電話がかかってきた。男は会いに………。それからはトワイライトゾーン………。さて、電話を掛けてきたのは誰か………?

<仲入り>

四、書生節    旭堂南海(三代目南陵門下)
           宮村群時(ミュージシャン)
 南海さんと群時さんの名コンビ。昔の書生姿で、バイオリン片手に懐かしい歌を………。さて、どんな流行り歌が聞けますやら………?

五、一人酒盛    桂 文太(五代目文枝門下)
  友達の嫁さんが呼びに来たので、男が行ってみると………。蔵出しの酒が………。そして………。さて、男は酒にありつけるか………?

※ 開口0番(文太の前ばなし)「エ」の巻/「干支」




© 2002〜 田辺寄席世話人会